FXのコツ

FXのコツに書いていくブログ。

2018年のユーロ円予想と見通し。

2018年の5月は、ドル円が109円代と円安方面に大きく振れているというのに、ユーロ円は130円と円高方面に触れているという謎の値動きを見せているので、これからユーロ円がどう動くのか?を予想するのがとても難しいです。このような実情があるので、ユーロ円を取引しないで、値動きが予測しやすいドル円の取引に絞るか、ユーロ円の絶対に勝てる場面でのみユーロ円の取引をするかするのが最適だと思います。そうはいっても、損益を恐れて、値動きが荒い通貨ペアを取引することを避けてしまうと、大きな利益を逃すことに成りかねないという問題もありますね。今回は、2018年のユーロ円予想と見通しについて触れていきます。

2018年のユーロ円予想と見通し。

1.北朝鮮が核を廃棄することを渋った最悪のシナリオ。

北朝鮮が核を廃棄することを渋れば、再度北朝鮮リスクが再熱して、ユーロ円とドル円といった通貨ペアが大きく下落していく可能性があり、2018年にユーロ円の110円代にアタックする可能性も0ではない。このシナリオが起きれば、北朝鮮リスクがなくなってハッピーだと思って、ユーロ円に大量のロングを仕込んでいた層が大量に強制ロスカットされるハメになります。まあ、北朝鮮が核放棄しないなんていったら北朝鮮という国事態がなくなってしまうので、北朝鮮が核放棄をしない未来は訪れないから、ユーロ円もドル円同様安心してロングすることができるっしょ。


2.北朝鮮が核を放棄するという王道のシナリオ。

北朝鮮が核を放棄するという最高の王道シナリオが再熱すれば、ユーロ円とドル円といった通貨ペアが大きく上昇していく可能性があり、2018年中にユーロ円が150円にアタックする可能性がでてくる。このシナリオが起これば、北朝鮮リスクがなくなってハッピーだと思って、ユーロ円に大量のロングを仕込んでいた層が爆発的な利益を手にすることになります。まあ、北朝鮮はアメリカの言う通りに、核を一時的に放棄して、アメリカに経済指標を解除してもらいたいという思惑をもっているので、北朝鮮が核を放棄する可能性は高いよね。

ユーロ円は難易度がとてつもない通貨ペア。

FX初心者が、ユーロ円の通貨ペアと出会った時に感じることは、ユーロ円はボラが大きいし、短期間でお金が儲かるし、最高じゃねえかあとしか思いませんが、FX中級者くらいになってくると、ユーロ円が自分の思い通りに動かない難易度が高い通貨ペアだということに気づき始め、ユーロ円怖いなあと思い始めます。このユーロ円が難易度が高い通貨であっても、損切りとレバレッジ管理をきちんと行えれば、ユーロ円取引で利益をだせるので、遅るるに足らず。ただね、ユーロ円は、短期間に200PIPS動く通貨ペアなので、ユーロ円トレードで損切りができないと利益どころか、大きな損益を生み出すハメになります。

ユーロ円は謎上げや謎下げがあるので、本当に難しいことを常に頭の中に置いておくこと。

ユーロ円はどの通貨ペアよりも、謎上げや謎下げが頻繁に起こるので、絶対に勝てると思って、レバレッジ400倍でのユーロ円トレードを行うと、高確率でトレード資金が0になります。こういう事態が起こるとことを常に頭に入れておいて、ユーロ円取引前に、レバレッジを25倍に固定することと損切りラインを決めておくことが大切となってきます。ただね、多くの初心者トレーダーは、取引前に決めた損切りラインで損切りすることができず、強制ロスカットの憂き目に会って退場していくんだけどね。

2018年のユーロ円の戦略。

1.北朝鮮リスクが後退して、ユーロ円が上がる可能性がある。

ユーロ円の天井は159円~163円の可能性が高く、北朝鮮リスクが後退してユーロ円が爆発的な上昇を見せるかもしれない状況でユーロ円130円でショートをするのはリスクが高いので、2018年5月がユーロ円ロングで攻めるがベストです。このユーロ円のロングで攻めるときに気をつけておきたいポイントは、ポジションを持つ前に損切りラインを決めておき、損切りラインが到達したら、躊躇なく損切りを行うこと+ユーロ円である程度の含み損を抱えても、メンタルが崩壊市内程度のレバレッジで取引を行うこと+ユーロ円取引は失っても良いお金で行うことの3つ。こらら3つのことを守らないFX専業トレーダーはいずれ自分のトレード資金をすべて溶かし為替相場から退場します。

2.トランプ大統領のニュースには常にチェックし、トランプの行動に従って、ユーロ円の戦略を決める。

ユーロ円もドル円も、トランプ大統領の行動や発言で値動きが決まるといっても過言ではないので、ユーロ円の取引を行うときは、トランプ大統領のニュースを常にチェックし、トランプ大統領の行動や発言を判断材料にして、柔軟にユーロ円のポジションをとっていこう。こういうお偉いさんの行動をきちんとチェックしていないと、突然の大変動に対応することができず、ユーロ円で凄まじい額の損益を被ることになります。何事もそうですが、常に情報に敏感になっておかないと痛い目に合います。

3.ユーロ円で良いニュースが出たら、ユーロ円をロングして、ユーロ円を買いまくれ。

ユーロ円で良いニュースがでたら、ユーロ円をショートで逆張りすることを辞めて、ユーロ円を順張りで買うのが、ユーロ円取引で大きな利益を得るコツです。このユーロ円という通貨は、良いニュースが出ると1日3円~5円の上昇を見せることがおおく、一円上がったからショートで逆張りだーなんてことをやっていると何度も大きな損益を被ります。こういう大きな損益を被る事態を防ぐためには、ユーロ円でいいニュースがでたら、ひたすらロングを繰り返すことが最適ですね。

4.ユーロ円で利下げというキーワードが出たら、ユーロ円を売りまくれ。

ユーロ円で利下げというキーワードがでたら、ユーロ円が3円~6円落ちる可能性があるので、ユーロ円のロングポジを持たずに、ユーロ円をひたすらショートで攻めるしかない。このユーロ円の利下げがきたときに、安易にハイレバレッジで逆張りをすると、一瞬で自分のトレード資金が0になるという最悪な事態になるので、利下げときいたら逆張りをしないでうるしかねえ。そういっても、常に逆張りで攻めていると、順張りができない身体になっていて、利下げイベントがきても、逆張りしちゃうんですけどね。

5.ユーロ円には触れないことも1つの戦略。

ユーロ円は、経済指標の結果の逆に動くことが多く、値動きの予測をするのが本当に難しいので、FX初心者はユーロ円取引を辞めて、値動きの予測が簡単なドル円の取引を行うべきですね。このルールを守ることができれば、FX取引で大きな損益を出す回数が減り、今よりも一歩二歩勝ち組トレーダーに近づくことができます。そうはいっても、ボラが半端なくでかいユーロ円の値動きをみていると、値動きがショボイドル円いじっているのがバカバカしくなってきます。

6.重要度が高いドイツの経済指標の結果が半端なく良ければユーロ円ロング、半端なく悪ければユーロ円ショート。2018年も変わりない模様。


重要度が高いドイツの経済指標の結果が半端なく良い数値がでればユーロ円ロング、重要度が低いドイツの経済指標の結果が半端なく悪い数値がでればユーロ円ショートをすることを行えば、80%~90%に近い確率でユーロ円取引で利益を生み出すことが可能になります。ただ、重要度が高いドイツ指標がちょっと良いだけで、ユーロ円ロングをすると、自分のユーロ円ロングポジとは逆の方向に、ユーロ円が大きく動いていき、大きな損益を出すことになるので、注意が必要ですね。

7.重要度が高いユーロの経済指標の結果が良ければユーロ円ロング、半端なく悪ければユーロ円ショート。2018年も変わりない模様。


重要度が高いユーロの経済指標の結果が良ければユーロ円は高確率で上昇してくので、素直にユーロ円をロングするの最適で、重要度が低いユーロ円の経済指標の結果が悪ければ、ユーロ円は高確率で下落していくので、素直にユーロ円をショートするのが最適。こういう単純なことが行えない人はユーロ円で利益を出すことができません。

8.ユーロ円の6割はレンジ相場。2018年も変わりない模様。

ユーロ円の6割は1円~1.5円の値幅で動くレンジ相場となっているので、コレはレンジ相場だと自分が確信したら、ユーロ円が1円~1.5円動いた後にユーロ円を逆張りトレードするのが最適。ただね、ユーロ円トレードでレンジの判断を見誤ると想像を絶する大きな損益を被ることになるので、ユーロ円の逆張りをするリスクは結構高い。まあ、FXはどんな取引でも損するリスクを抱えているので、損を恐れたらなんにもできないよねー。

9.ドラギの発言時やECBのなんとかかんとか発言の時にポジションをとらないのも1つの戦略。

ドラギがああだこうだいったり、ECBのなんとかかんとかがああだこういうと、ユーロ円が一方向に大きく動くので、大きな損益を被りたくない人は、ドラギの発言時やECBのなんとかかんとか発言の時にポジションをとらないようにしましょう。そうはいっても、FX取引で大きな損益を生み出していると、ドラギの発言時やECBのなんとかかんとかで大きな利益を出そうと思ってしまい、ドラギイベントやECBイベント時にポジションを取ってしまうんですよ。こういうことを防ぐには、大きく負けたら、FX取引を休むしかないんですよね。

10. ユーロ円取引の勝率は5割ほどになるので、損小利大の取引ができないと収支を+にできない。

ユーロ円は予測不可能な値動きをする通貨ペアなので、トレードスキルがまあまあの人でもユーロ円取引の勝率は5割程しかありません。その5割程の勝率を誇るトレードができても、損切りができなければ、一度のトレードミスでトレード資金の全てを失うことになります。そうならないようにするには、勝率5割時に大きな値幅で利益確定することと敗北時に小さな値幅で損切りすして、トレード収支を+にもっていけば良いだけ。こう口で言うのはかんたんですが、いざ実現させるのは結構な難易度を誇ります。
スポンサーリンク



最後に
ユーロ円最高