FXのコツ

FXのコツに書いていくブログ。

含み損のストレスについて

FXはどんな天才トレーダーでも100%含み損を抱えるゲーム。当然のことですが、FXで含み損を抱えるとお金を損するかもしれないという恐怖が生まれるので、FXをトレードはかなりストレスがたまります。自分もFXのトレードにストレスを感じる側の人間なので、トレードストレスが限界を超えたら、自分のFX口座から全額出金して、相場から離れます。まあ、相場は逃げないので、冷静な判断ができなくなったら休むのは大事だよねということ。

含み損を抱えてストレスを感じないのはトレード初心者まで。

ある程度トレードというものがわかっていると、相場が一方通行に大きく走り、含み損が大きく膨らみ、大損をぶっこくことがあるという事実に気づきます。この事実に気づくと、相場の最悪のシナリオを考えてしまい、トレード中にストレスを感じます。逆に初心者トレーダーだと、どんな相場だろうが、自分のポジションはいつか救われるだろうという気持ちがあるので、いくら含み損を抱えてもストレスを感じないわけです。トレード初心者はストレスを感じないことで、リスクを取ってがんがんトレードできるので、FXでビギナーズラックが起きると言える。

順張りで含み損を抱えるのも、結構なストレス。

順張りで含み損を抱えると、もしここが天井でトレンドが変わったら凄まじい含み損を抱えるかもしれないという思いが生まれ、ストレスを感じてしまいます。このような気持ちがあるから、損切りスピードが早くなるので、トレード中にストレスを感じるのが悪いとはいいきれません。ただ、トレードでストレスを感じるとトレード以外、なにも手がつかなくなるので、デメリットは存在しています。

自分もトレードに夢中になると、トレード以外のことをやろうという気持ちが0になります。そのせいで、本業がおろそかになってしまったので、FXのトレードもほどほどにしておかないといけないよなあと思う次第です。今現在はFXの口座から全額出金して、トレードを終了しているので、本業の仕事に集中できています。

含み損を抱えるストレスは仕事のストレス以上。

普通に社会で仕事をすれば、その場にいるだけでお金が増えていきます。それに対し、相場でのトレードは含み損という損するリスクを抱えながらの仕事なので、ストレスのたまり方が半端ないのです。そう考えると、FXトレードをするくらいならば、普通に社会で正社員と仕事をしたほうがらくなんじゃないのかなあと思うわけです。ただね、FXトレードは一日数万円から数十万円を稼ぐことが可能なので、正社員よりかなり夢があるのは間違いないのです。

含み損でストレスを一切感じないないようにするためにはどうすればいいのか?

1.含み損でストレスを一切感じないようにするには、トレードで動いている数字をお金だと思わないようにするしかない。そう思っても、自分の身銭を元出にトレードしていると、トレードが上手く行けば喜んでしまいますし、トレードが上手くいかないと落ち込んでしまうんですよね。そこらへんのメンタル操作が出来ないから自分はいつまでたっても二流トレーダーなのかなあと思うわけです。


2.数百万円の余剰資金を用意して、低レバレッジでトレードをすれば、少し逆行しても、たいした損益ではないので、含み損に怯えることもないのかなと。それでも、低レバでずっとトレードをするのはだるいので、ついついハイレバレッジでトレードしてしまい、大きな含み損を抱え、ストレスを感じてしまう人が続出しているのが相場なのですが。こうならないためにも、お金を儲けたいという大きな欲望を全部捨て去ることができるのかが大事なのかなあと思うわけですよ。

3.トレードを一生やらないと心に誓う。

トレードをしなければ、含み損を抱えることもなくなり、毎日ストレスなく、安心して暮らすことができます。FXをやる時間を自分の能力を高める自己投資に回したり、仕事をする時間に回せば、FXをトレードをする以上のお金を稼ぐことができるというメリットが存在します。このことに気づくと、FXよりも仕事をがんばろうと思えるようになります。

4.デモでトレードする。

FXでトレードをしたいだけならば、損を抱える可能性があるリアルトレードよりも損する可能性が0のデモトレードをすることをおすすめします。ただ、デモトレードだとお金を失うかもしれないというスリルが一切ないので、トレードしていても全く刺激がなく、トレードがつまらないと感じてしまいますが。

5.FXはある程度の期間しかしないと決める。

FXトレードをするということ=毎日含み損を抱える日々を送るということになり、毎日がストレスまみれの日々になります。このリスクをある程度へらすには、トレードをする期間を決めて、トレードをに打ち込むしかありません。当たり前のことですが、トレードがうまくいこうが、うまくいかないが、トレード期間が過ぎたら、全額出金しよう。出金すれば、トレードできないので、含み損でイライラすることも全くナッシング。

6.トレード中に自分のポジションをみない。

トレード中に、自分の含み損を抱えているポジションをみていると何で、こんなに損しているんだよーと思い、イラつきがマックスになりはじめてきます。このイラツキを0にするには、トレード中に自分のポジションをいっさい見ないようにするに限ります。これに関して自分が言えるのは、ポジションをみていない間に含み損が膨れ上がることがあるリスクが存在することも覚えておくべきでしょう。

7.トレード成績がよく、勝ち越していると含み損を抱えても、なんとも思わない。

トレードが上手く言っておき、確実に利益を積み上げているときに、抱える含み損は大して苦しいものではない。それでもね、糞ポジを保有してしまい、自分が積み上げてきた資金が減っていく様子を眺めていると切ない気持ちになるんですよね。せつない気持ちになりたくないよーという人は速攻で損切りするか、速攻で口座から全額出金しよう。

8.お金に対する執着を0にする。

ぶっちゃけた話、fxトレードでお金が減ろうが、増えようがどうでもいいという気持ちでトレードしたほうが、損切りもうまくいきますし、利益確定もうまくいきます。その理由は、金に対する執着心がなくなることで、感情で利益確定することもなくなり、感情で損切りすることもなくなるから。

9.感情で損切りする癖を無くす。

これ以上損したくないという思いで損切りするのではなく、いつも損切り幅を決めてマシーンの如く損切りしていきましょう。これができるようになれば、含み損を抱える時間もすくなくなり、含み損ストレスから開放されます。

含み損が含み益に変わった時の快感は異常。

50PIPS以上の含み損の糞ポジがプラ転して、含み益を有しているポジションになったときの快感ほど最高なものはない。なんというか、とてつもない地獄から救いだされたような気分になれるのだ。この気持ちになるたびに思うことは、FXトレードなんて二度としないと。一時はFXはなんて二度としないと思うのですが、気づいたらポジションを取ってしまうのです。
スポンサーリンク



最後に、

FXトレードをしていく上で、含み損は切っても切り離せないものです。