FXのコツ

FXのコツに書いていくブログ。

FX初心者あるある。

今、億という大金を稼いでいるFXトレーダーもFX初心者の内は多くの失敗をして、自分の大切のトレード資金を溶かしてしまったという過去があります。このお金を溶かしたという失敗をすることで、FXトレードでお金を稼ぐには何が大事なのかという事がわかるので、FX初心者はお金を失うことを恐れずに、FXトレードでどんどん失敗をするべきなのです。

そうはいっても、FXなんかでお金を失いたくないから、FXには手を出さないで守りに入りたくなってしまうのが人間の性というもの。この性をうちやぶるには、お金を失う=バカという固定概念をぶち破り、お金を失う=明日への投資という考えに変革させ行く必要がありますね。何事もそうですが、恐れというのは人の行動力を鈍化させるので、成功しようと思ったら恐れを捨てるべきなのです。

自分もFX初心者のときに、多くの失敗を積んだおかげで、専業トレーダーになった今では、退場するレベルの大ミスを犯すことがほとんどなくなったのはいうまでもない。今回はFX初心者あるあるをテーマにして記事を書いていきます。

FX初心者あるあるについて。

1.トレード資金の減り方が早い

FX初心者は、ベテラントレーダーが絶対しないだろうというミスを平気で犯していくので、トレード資金を減らすスピードが早い。トレード資金の減少スピードが高速な人だと1日でトレード資金の全てを溶かしてしまうし、トレード資金を溶かすのが遅い人でも半年くらいでトレード資金の全てのかねを溶かしてしまう。

2.損切りラインに到達しても一切損切りをしない。

FX初心者は損切りをしたくないので、俺は損切りをしないのがトレードルールだと言い張り、損切りしないことを正当化しようとする。その結果、トレンド相場に対応することができず、一撃数百PIPSの損益を被り、トレード資金が尽きて、相場から退場するハメになる。

3.様子見ができない。

FX初心者は、ここでエントリーしたら危険だという場面で、一切様子見をせずに、お金が儲かるに違いないと思い込み、エントリーしてしまう。その後、為替の動きとは逆にエントリーした自分のポジションは、含み損まみれになり、強制ロスカットを食らうことに。

4.常にハイレバレッジでトレードをしてしまう。

FX初心者はハイレバレッジでトレードすることの怖さを身を持って体験していないので、常にハイレバレッジでのトレードを繰り返してしまう。その結果、ハイレバレッジトレード時に、為替の予想を外してしまい、大きな損益を生み出すことになる。

5.根拠がないところでポジる。

FX初心者は、自分がエントリーしたいなーと感じたら、エントリーすることが多い。それに対して、ベテランFXトレーダーは、確実に勝てると根拠をモテる場所でしかエントリーしない。

6.いろいろなテクニカルを駆使してトレードをするも、トレード収支をプラスにできない。

FXで収支をプラスにする上で大事ことは、テクニカルを利用してトレードを行うではなく、利確するときは遅く、損切りは早くする損小利大のトレードを行うこと。この事実が存在するので、損切りが早くできないFX初心者がテクニカルを複数使ったところで、トレード収支をプラスにすることはできないのだ。

7.FXトレードを休まない。

FXトレードを一週間のうちの二回くらいして、残りの3回は休むくらいのほうが、トレード成績を残しやすいという現実がある。この現実があるのに、FX初心者は、トレードでメンタルが疲労しようとも、トレードを休むことをせず、毎日FXトレードを続行してしまう。当然、メンタルが安定していないときのトレードが上手くいくことはないので、FX初心者はトレードで大きな失敗を引き起こし、大切なトレード資金を溶かすという事態に。

8.FX勝ち逃げが下手くそ。

FXは利益が出たら、口座からトレード資金を全額出金して初めて利益が出たといえます。この現実を直視しないFX初心者は、トレード画面で増えたお金=利益だと思っているので、口座からトレード資金を全て出金して、勝ち逃げをするという行動にはでません。

当たり前のことですが、FX初心者がトレードを続行して勝ち続けることなんてできないので、トレードを続けているうちにトレード画面の資金が圧倒まに減少していくという最悪の事態に陥ります。その最悪の事態に陥ってから、FX初心者はあの時出金しておけばよかったと悔やむのです。

9.FXで敗北したら、今回は運がなかっただけだと言い訳をする。

FXで敗北した時に、FX初心者は今回は運がなかっただけだと言い訳します。それに対して、FXのトレード経験が豊富な人は、FXで負けた原因を運のせいにはせず、FXで負けた原因はすべて自分にあると自認します。

10.欲豚になりすぎて、最高の場所で利益確定ができない。

FX初心者はまだまだ利益が増えるはずという気持ちが裏目にでて、最高の場所で利益確定ができないという事態を招く。それに対して、FX専業トレーダーは、お金に対する執着心がないので、利確するべき場所でキチンと利益確定し、利益を最大化することに成功。

11.経済指標の存在を知らない。

FX初心者は、経済指標の存在をしらないのに、FXトレードを開始するというとんでもない行動にでる。その行動の結果、経済指標発表時の大きな変動に対応することができず、自分の予想を大きく上回る損益を出すことに。こういう目に会いたくなければ、FXを始める前に、経済指標とは何かということをきちんと勉強しておくことだ。

12.利下げ、利上げの恐ろしさをしらない。

FX初心者は、利下げ、利上げの恐ろしさをしらないので、ポジションを取るのが怖いという気持ちが薄い。それに対して、FX専業トレーダーは、利下げ、利上げの恐ろしさを知っているので、ポジションを取るのが怖いという気持ちが濃い。

13.ポンド円のことをボラがでかくて最高の通貨ペアだと思っている。

FXトレード初心者は、自分がポジる方向を間違えることなんてないと思っているので、ボラがでかいポンド円を最高の通貨と思っている。それに対して、専業トレーダーは、自分がポジる方向を間違えることがあると思っているので、ボラがでかいポンド円は危険が満載の恐ろしい通貨だと思っている。

14.スワップポイントで荒稼ぎしようと思い、スワップポイントがたくさんもらえる通貨を大量に保有してしまう。

FX初心者は、FXがいかに危険なものであるかという知識をあまり持ち合わせておらず、お金を儲けたいという欲に負けて、スワップポイントが大量にもらえる通貨ペアを大量にロング。その後、FX初心者が、大量にロングした通貨ペアが大暴落し、大きな損益を被ることに。

15.他人の意見に流されやすい。

FX初心者は他人の意見に流されて、他人と同じポジションをとってしまう。それに対して、FX専業トレーダーは他人の意見を見ても、他人は他人で俺は俺と思い、他人の意見に流されるということが殆ど無いく、自分を信じてポジションを取る。

16.俺だけは特別な人間だと思っている節がある。

人間誰しも、俺だけは特別な人間だと思っているところがあり、俺は特別な人間だからFXトレードでも成功できると思い込んでしまう。その特別な人間がFXを始めるも、トレードでたくさんの失敗を犯してしまい、自分のトレード資金を溶かしてしまうのは、FXの世界ではよくあることである。
スポンサーリンク


最後に、

FX初心者あるあるについて書かせていただきました。