FXのコツ

FXのコツに書いていくブログ。

グーグルアドセンスで稼ぐ

グーグルアドセンスはクリック型の広告なので、アドセンス広告がクリックさえされれば必ず収益が発生するし、どんなジャンルのサイトにも張ることができるので、万能性が高い。これほどまでに優れたネット広告は日本に存在しないので、これからサイトで飯を食っていく予定がある人は、グーグルアドセンスに登録しておくべし。

ただ、グーグル・アドセンスは規約がかなり厳しく、アドセンスの規約を破ると、あっという間に広告を停止され、アドセンスの登録を解除されてしまいます。まあ、アドセンスの規約をしっかりと読んで、アドセンスの規約を破らないようにすればいいだけなんですけどね。今回はグーグルアドセンスで稼ぐをテーマにして記事を書いていきたいと思います。

グーグルアドセンスで稼ぐための施策。

1.テーマに特化したサイトを作る。

最近のグーグルのアルゴリズムはテーマに特化したサイトの記事を上位表示する事が多いので、アクセスを稼ぎたい人はテーマに特化したサイトを作りましょう。後、ブラックハット雑記ブログに検索順位で勝つには、ブログのテーマ統一と内部リンク対策が必要不可欠になってくるので、ホワイトハットで稼ぐならば、サイトのテーマを特化させるのは必要不可欠。

2.高単価ジャンルに参入する。

広告単価が高いジャンルならば、アクセスがあまり稼げていなくても、アドセンス単価が高いので、それなりのお金をゲットすることができます。ただ、高単価ジャンルは競合サイトも強く、検索順位がなかなか上がらないので、安易に高単価ジャンルに参入することはおすすめしません。

3.敢えて単価の安くてアクセスが稼げるジャンルに参入する。

単価の安いジャンルは競合サイトが激弱なこともあり、簡単にサイトのアクセスを稼ぐことができるので、大きくは稼げませんが、そこそこの金額は稼ぐことができます。

4.レンタルドメインを利用して特化サイトを作る。

レンタルドメイン[はてなドメイン、ライブドアドメイン、FC2ブログドメイン]を使って、特化サイトを作ることで、簡単に上位表示ができ、アクセスを稼げて、容易にアドセンス広告でお金を儲けることができる。ちなみにレンタルドメインのドメインパワーの強弱は、はてなブログ>ライブドアブログ>FC2ブログとなっております。

5.youtuberになる。

youtuberの広告収入の受取方は一応グーグルアドセンスのアカウントを取得して、アドセンスから広告収入を得ることになるので、グーグルアドセンスで稼ぐと同意と判断できるでしょう。

グーグル・アドセンスを利用するメリット。

1.広告の張替えがなくて楽ちん。

成果報酬型の広告の場合、広告主が広告を出さなくなると広告収益が0になるので、何度も広告の張替えをしなければならないので大変。それに対して、グーグル・アドセンスは、広告主がグーグルなので、広告の張替えをしなくてもいいから長楽。

2.安心安全のグーグル。

グーグルアドセンスは世界最王手の検索エンジンを運営しているグーグルが運営しているので、今後サービスが停止して広告が貼れないという事態に陥る確率がとてつもなく低い。

3.セールストークを書かなくても良い。

アドセンス広告は、広告がクリックされるだけで収益が発生するので、商品を買ってもらうためのセールストークを書く必要がない。それに対して、成果型の広告は、商品が買われて収益が発生するので、商品を買ってもらうためのセールストークを書かなければいけないので、面倒くさい。

4.成果型の広告では収益が発生しないサイトでも、アドセンスを貼っておけば収益が発生する。

成果型の広告はクリックされるが、物は売れなくて収益が0というサイトの成果型広告を剥がして、アドセンス広告に張り替えれば、クリックされた回数×クリンク単価の収益を得る事が可能に。

5.アドセンスのクリック単価は他のクリック型広告の単価よりも遥かに高い。

nendやアイモバイルの広告単価は一クリック10円から200円ほどしかもらえない。それに対して、グーグル・アドセンスは一クリック30円から2000円の幅の単価となっている。

6.FXのトレード資金を稼げる。

グーグル・アドセンスで毎月30万稼げれば、最低でも毎月15万程のお金をFXのトレード資金甩に回す事ができます。

グーグル・アドセンスの単価が高いジャンル。

1.FX

FX会社の業績は高調なことから、FX会社はアドセンス広告を高単価でガンガン利用してくれるので、アドセンスのFXジャンルのクリック単価は一クリック300円から2000円程となっています。

2.不動産

かなり儲かっている不動産会社が多いことから、不動産会社もアドセンス広告を高単価でがんがん利用してくれるので、不動産ジャンルのクリック単価は一クリック500円から3000円ほどとなっております。

3.自動車

かなり儲かっている自動車会社が多いことから、自動車会社もアドセンス広告を高単価でガンガン利用してくれるので、自動車ジャンルのクリック単価は一クリック300円から1000円ほどとなっています。

4.クレジットカード

王者クレジットカードは成果報酬型の広告を利用すれば、月2000万円儲ける事ができるジャンルなので、アドセンスの広告単価も当然高い。そのクレジットカードのクリック単価は、一クリック300円から2000円程となっています。

5.仮想通貨

今は仮想通貨ブームがきており、仮想通貨のトレード会社がアドセンスで仮想通貨の広告をガンガン出してくれるので、仮想通貨の広告単価も当然高い。その仮想通貨のクリック単価は、一クリック400円から1300円ほどとなっています。まあ、仮想通貨の成果型だと、一成約5000円はもらえるので、凄い儲かるジャンル。

6.株取引。

今は日経平均株価が凄まじい勢いで上昇していることもあり、世は株取引ブームとなっており、株取引ができる会社もかなり儲かっている。そのことが影響し、株取引の会社も高単価でアドセンス広告を出してくれている。その株取引のクリック単価は一クリック300円から1000円ほどとなっております。

7.転職。

大手転職系サイトがかなり儲かっていることもあり、転職のクリック単価は一クリック200円から600円となっています。

8.薬剤師の転職。

薬剤師の転職のクリック単価は、一クリック1000円~10000円となっています。

ゲームジャンルはグーグル・アドセンスの単価が安い。

スマホアプリのゲームのクリック単価は、一クリック30円~100円となっており、とてつもなく安い。この事実があるので、ゲームジャンルでは相当アクセスを稼がないと、アドセンス広告で稼ぐことはできない。そうはいっても、ゲームジャンルの記事を書くは簡単なので、ついついゲームジャンルの記事を書いてしまうのですが。
スポンサーリンク



最後に、

グーグル・アドセンスで稼ぐということをテーマに記事を書かせて頂きました。