FXのコツ

FXのコツに書いていくブログ。

FX 北朝鮮リスクえぐい。

今日の朝、北朝鮮のミサイルが日本の東北に向けて発射されたとニュースがあり、超短期間でユーロ円が131円から130.5円まで下落。その後、北朝鮮のミサイルが日本上空を通過というニュースを受けて、ユーロ円130.5から130.7までリバウンドをする。北朝鮮のミサイルが日本上空を通過することの恐ろしさが再確認され、ユーロ円が130.7から129.6まで下落。ユーロ円が大きく下落したら後、北朝鮮のミサイルはたいしたことなかったんだということがわかり129.6から130.3までリバウンドすることに。

自分は、ユーロ円をトレードしていたんだけど、129.9Sしていて一時期40PIPSの利益がでたところで利確。その後、どうせ北朝鮮なんてたいしたことないだろと思い、129.5でロングポジを取るものの、ユーロ円の鬼の爆下げに巻き込まれ、129.5Lを129.30で損切りするハメに。

今回学んだことは、北朝鮮は所詮なんにもしないだろうと甘くみてはいけないし、調子に乗って逆張りをしてはいけないないということ。まあ、トレードにうまくいっているときほど、調子に乗って逆張りする癖を治さないとなあと思うわけです。

北朝鮮がミサイルを飛ばそうがスイス・フラン円だけは買われる。

スイス・フラン円はスイスが中立国ということもあり、ドル円やユーロ円が売られた時に緊急避難先として買われる通貨なので、北朝鮮がミサイル発射ニュースを受けても10PIPSくらいしか下落しない。なので、北朝鮮リスクでダメージを受けたくない人はスイス・フラン円をメイン通貨としていじるのもあり。ただ、スイスフラン円は一日で20円変動したことがあるので、むやみやたらにいじるのは怖い通貨。
スポンサーリンク



最後に、

為替は、ファンダメンタルで事前に動きを予想なんかせずに、ある程度動いた方向に乗っかるだけで、簡単に利益がでるものなので、強欲になって逆張りをしたらいけないなと思うのです。