FXのコツ

FXのコツに書いていくブログ。

コツコツドカン対策について。

FXトレードで利益を長期的に出していく上で重要なのは、コツコツドカンを繰り返さないようにすること。コツコツドカンを繰り返さないようにするには、多くの波乱にまみれた相場を経験し、相場観を身に着け、見込みがないポジシションをカットする習慣を身に着け、利益が大きく出る可能性があるポジションをすぐに利益確定しないようにしなければいけない。このすべてを身につければ、コツコツドカンを繰り返すことが無くなり、相場で勝てるようになる。今回はコツコツドカンで負けないようにするための対策についてかいていきたい。

コツコツドカンとは、

コツコツドカンとは、1から5PIPSの小さな利益を複数のトレードで着実に積み上げて来たものを、一度のロスカットですべて失ってしまうことなのです。このコツコツドカンを繰り返していると、いままで何のためにトレードしていたんだという気持ちになり、虚無感に襲われるデメリットが存在します。今回はコツコツドカンのパターンについて紹介していきます。


1.スキャルピングを30回繰り返し、100PIPS以上の利益を積み上げた後に、たったの1度の100PIPSを超えるロスカットで、スキャで積み上げた100PIPSの利益をすべてすべて失います。

一度大きなロスカットで利益を溶かしてしまうと、メンタルが破綻してしまい、冷静な判断ができなくなり、トレードも上手く行かなくなります。このような一度大きなロスカットを体験したら、冷静になる意味をこめて、一度相場から離れる必要があるのは言うまでもないことでしょう。

2.スキャルピングをしようとポジった瞬間、相場がいきなり動き出し、マイナス100PIPSを超えるポジションを抱えることになる。

安易に適当にスキャルピングをしようという思いで取ったポジションが大きな損失を生むことがあるので、ポジションを取るときは慎重になりましょう。ただ、ポジションを取るときに慎重になりすぎると、大きなチャンスにポジれなくなってしまうというデメリットがあることを忘れてはいけません。

3.低レバレッジで数百PIPSの利益を積み上げた後に、ハイレバレッジで数十PIPSの損益を出してしまい、いままで積み上げた利益がなくなってしまう。

トレードで生き残りたいと思うならば、自分の欲を押さえ込み、いつも同じレバレッジでトレードをするべき。トレードに勝てそうだという思いだけで、ハイレバレッジでトレードすると、たいてい大きな損を抱えて、痛い目に合う。

4.ハイレバレッジでスキャルを繰り返し、それなりの金額を稼いでいい気になる。いい気になって適当に取ったポジションが数百PIPISの含み損をかかえてしまい、含み損に耐えきれなくなり、自ら損切りする。

ハイレバだと、数PIPSの利益でも莫大なお金になるので、ついつい数PIP狙いのスキャルピングを繰り返してしまいます。当然、レバレッジが高いということは損するときの額も高くなるので、高額の損益の損を認めたくない思いからスムーズに損切りができなくなり、強制ロスカットという事態を招きます。

5.コツコツドカンを繰り返しているとメンタルが破綻し、コツコツ利益すら積み上げることができなくなり、毎回ドカンと大損するようになります。

一番エゲツないのは、メンタルが破綻し、トレードでコツコツすら利益を積み上げられなくなることなので、FXで一度大損し、まともな精神状況でなくなったら、トレードを中止することをおすすめします。

自分のコツコツドカン体験記。

2011年の5月に、管理人はFXで億万長者になることを夢見て、FXトレードを開始するのだが、FX初心者である管理人はFXでトレード開始するというのに、経済指標も順張りも逆張りも何も知らない。当然、知識がなければ、適当にポジションを取るしかないので、適当にドル円一枚だけポジることにする。

人生初のトレードでドル円一枚ポジったら、運良く10PIPS抜くことに成功して1000円のお金を儲けることに成功する。この時、管理人はトレードが上手くいったことにいい気になってしまい、再度ドル円1枚ポジることにする。

再度ドル円で一枚適当にポジったら、マイナス30PIPSを超えるポジションになってしまう。このとき管理人は、頼むからマイナス0PIPSまで戻ってきてくれーと神に祈っていた。神に祈ったかいもあり、マイナス30PIPSがプラ転し、5PIPSの利益を得ることに成功。この成功で、管理人は、FXって損切りしなくても、勝てるゲームなんじゃないかと勘違いするはめに。この勘違いが地獄の始まりになるとは管理人は考えてもいなかったのだ。

FXで15PIPSがほど勝利してから、10時間程時間が経ち、夜21時になる。夜21時に、管理人はユーロ円一枚を適当にポジった結果、ユーロ円の含み損が100PIPSを超えてしまう最悪の事態に。100PIPSの含み損に耐えられなくなった管理人は、損切りして楽になりたいという思いが出てきてしまい、100PIPS超えのポジションを損切り。この損切りが響き、初日のトレードをマイナス85PIPSで終えるハメになってしまった。これぞ、コツコツドカン。

その後、資金がたったの40000円しかなくなり、ドル円もユーロもポンド円もポジることができないという事態に。こんなところで、トレードをすることを諦めるほど、俺は弱い男ではないと思いはじめ、資金4万円で、NZドルをポジることを決意。その結果、自分のポジったNZドルのポジがマイナス100PIPSになってしまい、資金がたったの3万円しかなくなってしまう。

おおお、これでは、ポジれる通貨がなにもないよーという状況に陥り、FXはもう引退かと思わざる負えなかった。しかし、俺はこんなところで終わってはいけないという思いが出てきて、FX口座に2万円を入金しはじめる。昔のおれにいってやりたいのは、二万円なんて入金しないで、全額出金しておけば、よいものを。まあ、このときは、お金を取り戻したいという気持ちが強く成りすぎて我を忘れていたから仕方がないのよ。

そんなこんなで、銀行入金で資金が3万円から5万円に復活し、再度FXに挑戦することを決意。その後、5万円を元手に雇用統計時にドル円にリベンジするも、予想をはずし、マイナス80PIPSの損をくらう。せっかく20000円も入金したのに、資金がたったの42000円に。これでは、またNZにドルしかぽじれないじゃないかという状況に陥る。

ところがどっこい、管理人の不幸はこんなところでは終わらなかった。今度は残り資金の4万2000円で適当に南アフリカランド円を10枚くらいポジり始める。このときの心境は南アフリカランド円はあまりうごかない通貨だからスワップで大儲けだぜえ。この思惑は南アフリカランド円の変動とともに、あっという間に崩れるのだが。

そんなこんなで南アフリカランドドルを10枚ポジって、ボケーとしていたら、いきなり南アフリカランド円が20PIPSほど低下してしまい、速攻で含み損マイナス22000円を抱えてしまい、含み損を我慢できずに損切り。ついに資金がたったの20000円になってしまった。そこで、FXで儲けることを諦めて、FX口座に入っているお金を全額出金することを決意したのだ。

総括

一度コツコツドカンをくらい、メンタルがやられてしまうと、連続でドカンと大損を繰り返してしまうので、コツコツドカンを繰り返したら、FXを口座から全額出金しましょう。

コツコツドカン対策について書いていきます。

コツコツドカンさえ防ぐことができれば、どんな人でもお金を稼ぐことができるのがFXの世界なので、とっととコツコツドカンを克服してFXをの世界でガツンとお金を稼いで行きましょう。

1.コツコツ稼いだところで、FX口座からお金を全額出金する。

コツコツ利益を積み上げた時にFX口座から出金すれば、ドカンと大損を食らうこともありません。それでも、FXトレーダー初心者は、FXで儲けたいという思いが強すぎるので、口座からお金を全額出金するというアクションを起こすことができません。この問題を解決できれば、FXで利益を生み出すのが容易になります。

2.勝てると確信をいだいたときにポジションをとり、大勝したら、FX口座からすべてのお金を出す。

勝てるところで大きく勝って、口座からお金をすべて取り出し、トレードできなくして、勝ち逃げする。FXは一種のギャンブルなので、運良く一回勝てたら、勝負をしないで逃げるのもありです。まさに逃げるが勝ち。

3.資金100万円、超低レバレッジ1ロットでトレードする。

資金100万円で、一枚でトレードしていれば、どんな変動が合っても自分のポジションが強制ロスカットになることはないので、相場から退場することはありません。まあ、コツコツドカンにはなりませんが、相場でお金をほとんど儲けられないので、一ロットでチンタラトレードするのはおすすめできません。

4.一万円を元手にレバレッジ400倍のアイフォレックスでトレードをする。

一万円を元手にレバレッジ400倍トレードならば、負けるときも爆損、勝つときも爆益なので、コツコツドカンの憂き目に会うことがありません。しかも、アイフォレックスには0カットシステムが搭載されているので、資金がマイナスになっても追証されません。これは最高だね。

5.youtuberになろう。

ユーチューバーは資金0で、数百万円ものお金を稼ぐことができる夢のような職業なので、FXよりも安全お金を稼ぐことができる。今の時代はFXはトレーダーよりユーチューバーが熱い。ただ、ユーチューバーは人気がなくなれば、稼げなくなってしまう職業なので、危険がイッパイだということを決して忘れてはいけません。

6.トレードをしなければいけないという義務感を捨てよう。

トレードなんてものはたーまにチャートを見て、やべえここでポジったら絶対に負けないというときにやるものであり、毎日義務感をもってやるものではない。自分の場合、ここでポジったら絶対にまけないという場所でのトレード勝率は100%。


7.なぜこの場所でエントリーするのかという理由がある場所でしかポジらない。

何の理由もないのに、ポジりたいという気持ちだけで、ポジって利益を出せるほど、相場の世界は甘くないのです。とにかく、相場は甘くない世界で、簡単にお金を儲けることができないと思っておくことが大事。

8.決断力をつける。

大きく利益確定するときも決断力が必要、小さな損益を損切りするのも、決断力が必要。つまり、決断力があれば、損切りがうまくなるので、コツコツドカンを繰り返すことがなくなるのです。

9.0.1枚でトレードしよう。

0.1枚ならば、1000%トレードで退場することはありません。っていうのは冗談で、コツコツドカンを繰り返すFX初心者の人は0.1枚でFXはトレードの練習をしていこう。0.1枚でもリアルマネーなので、仮想マネーを使うデモトレードよりはスリルがあります。

最後に、

コツコツドカンを克服していきましょう。