FXのコツ

FXのコツに書いていくブログ。

モナコインの予想について。

モナコインはこれ以上絶対に上がらないとFXトレードの常識がある人は思いがちですが、仮想通貨トレードにはFXトレードの常識なんてものは通用しないので、常人が予想だにしないスピードでモナコインが上昇していく可能性があります。

自分も、FXの常識を捨てて、モナコインを60円時にアホになって購入したら、モナコインが700円を超えてしまい、モナコイントレードで超爆益という最高の結果を得られた。この経験を糧にして、モナコインが大きく下落したら、どんどん買いのポジションを追加するトレード戦略で、モナコインを攻めていこうと思っている。

ただ、仮想通貨で今億儲けている人も、いつかは仮想通貨で大きな損益を被ることがあるという世界なので、仮想通貨トレードには常に細心の注意を払う必要がある。そうはいっても、信用取引をせずに自分の身の丈にあった量のモナコインを購入しておけば、そこまで痛い目に合わないので安心なんですけどね。

ってことで、今回はモナコインでアホになってロングして超人的な利益を生み出した管理人が、モナコインの予想と戦略について自分のなりの見解で記事を書いていきたいと思います。

モナコインの予想。

モナコインの爆発的な上げで、モナコイン70円から730円程まで上昇した後に大きな調整が入り、モナコインの現在価格は300円程に落ち着いています。この値動きから判断するに、モナコインの天井は730円をはるかに超えられることが判明して、モナコインは下手をしたら、10000円を超えてしまうかもしれない。

まじで、モナコインには為替相場の常識は通用しないので、モナコインはここまで暴走する動きをするのかよーということが平気で起こりうります。こういう暴走した動きを見て、もうこれ以上モナコインのレートは上がらないだろうと思い、モナコインを売る人はモナコインの急騰に対応できず大損するので、モナコインが買われているときは、とにかくモナコインを買うという選択しか取ってはいけない。今回はモナコインがどこまで上昇するのかについて個人的な見解を書いていきます。

1.モナコインの上昇はココでおしまい、また15円台に下落する。

モナコイン15円台シナリオが訪れる可能性はかなり低いので、今のモナコイン300円の水準でモナコイン売りで攻めると大損をぶっこくハメになります。モナコインを大損をぶっこきたくない人は、今のモナコインの為替水準時に大量のロングを仕込み、来るべきモナコインの急騰に備えておくべきでしょう。

2.モナコインは一度200円におちてから、モナコイン1000円を目指す。

モナコイン300円買いで勝てるというシナリオは少し簡単すぎるので、モナコインが200円台におちてから、モナコインが再度1000円を目指すのが理想のシナリオ展開な気がします。ココで買いたいと思う300円台が底ということは少なく、ここから更に掘りに行き200円台に到達し、相場参加者を苦しめるのが相場なので、モナコインロングをもつのは200円台に到達してからでも遅くないのかなと思う次第です。

3.モナコインは300円を底として、モナコインは1000円を目指す。

一番ありがたい理想的な展開は、モナコインが300円を底にして、モナコイン1000円を目指してくれるという展開だよね。だってさ、今上がる可能性が大のモナコインを適当に買ってっておけば、嫌でも爆発的な利益を生み出すことが可能なんだからさ。こういうふうにああだこうだ言っているうちに、モナコインが気づいたら1000円超えてたーなんてことがあるので、モナコイン300円時にモナコインを大量に購入しておきましょう。

4.モナコインが凄まじい勢いで上昇し、モナコイン10000円を目指す。

モナコイン急騰により、モナコインの注目度が上がったことで、多くの人がモナコインを買いまくる可能性が出てきた。ということは、モナコインもビットコインのように、無限上げをを見せてくれる可能性が出てきて、モナコイン10000円も射程圏内に入ってきている。ほんまに、今のモナコインのレート水準ならば、損しても損益額はしれているので、モナコインロングしたほうがいいでしょ。

5.モナコインが多くの人の予想を遥かに上回る勢いで上昇し、モナコイン100000円を目指す。

モナコインがビットコインと同等の注目を浴びるという事態が起きれば、日本勢がひたすらモナコインを買いまくり、モナコインが常識をぶち破った価格の100000円を目指すことになる。この事態がおきれば、モナコインを50000円で逆張りした層が大きな損益を被ることになるので、モナコイン逆張り派からしたら、あまり到来してほしくない事態である。

6.モナコインがついに500000円に到達するという予想外の展開に。

モナコインブームが到来し、モナコインが200000円を超えるという事態が起これば、モナコインがさらに買われて、モナコイン500000も見えてくる。この自体が起きれば、アホになってモナコインを大量に保有していた仮想通貨トレーダーは超短期間に一生働かなくても生きていけるような大金をゲットすることが可能になる。

モナコインの戦略。

1.モナコインが上昇したら買う、モナコインが下落したら売る。

仮想通貨のモナコインもFX同様、モナコインが上昇したら買う、モナコインが下落したら売るをキチンと実行することができれば、利益を出すのはそこまで難しいことではありません。ほんまに、ビットコインもモナコインもそうだけど、馬鹿になって順張りしとけば、気付いたときには自分の想像をはるかに超える凄まじい利益が出ていたりするんだよね。

2.モナコインがこれははるかに買われすぎだろという水準に達したら様子見をして、モナコインが大きく下落した時に、モナコイン買いのポジションを取る。

モナコインが、はるかに買われすぎだろというところでモナコインSを入れた瞬間、モナコインが大きく上昇して大損をぶっこくという事態を防ぐためにも、モナコインが買われ過ぎだというところでは、様子見をすべし。そして、モナコインが調整で大きく下げたところで、さらなる買いを期待して、モナコインロングをぶち込んでいくというのも戦略の一つ。


3.仮想通貨モナコインブームは始まったばかりなので、今のレート水準ならば、モナコインはどこでもL状態なので、買えばいい。

仮想通貨モナコインブームは始まったばかりなので、モナコインの上昇余地はまだまだ残されているので、モナコインを買えば買うほど儲かるという状態にあるのはいうまでもない。こんな買えば誰でも儲かる相場が来ているのに、上がるかどうか分からないものは買えないという恐怖に負けてしまい、モナコインを今買えない奴はモナコインのビックウェーブに乗ることはできない。

4.逆張りが好きな人はモナコイントレードに向いてないので辞めるが一向。

FXの場合は相場の半分がレンジ相場なので、逆張り派でも普通に利益を出すことができる。それに対して、ビットコインやモナコインは一度買われると調整なしに凄まじい勢いで買われていくので、順張り派しか利益を生み出すことができない。この二つ事実が判断するに、逆張り派が仮想通貨をいじると、90%以上の確率で、大損をすることになるので、何が何でも逆張り派は仮想通貨に手をだしてはならない。

モナコイントレードでの注意点。

1.モナコイントレードでは、テクニカルなんてものは一切通用しない。

モナコイントレードでは、テクニカルなんてものは一切通用しないので、テクニカルであーだこーだ考えて、モナコインを取引すると大きな損益を被ることになる。こういう事態を防ぐには、テクニカルなんてものは忘れて、モナコインが買われたら買う、モナコインが売られたら売るを行えばいいだけである。

2.モナコインに買われ過ぎなんてものはない。

モナコインには買われすぎという概念はなく、モナコインが買われるときはモナコインが明らかに買われ過ぎ水準だろうが、調整なしにモナコインが買われていく。こういう為替の世界では絶対に起こらないようなことが仮想通貨の世界では普通に起こるので、短期間で億を稼ぐ人が登場するのだ。

3.モナコインにはファンダメンタルズ手法は通用しない。

モナコインは上がる要素がないときでも上がるし、モナコインは下がる要素がないときでも下がるので、世の中で言うファンダメンタルズ手法がモナコイントレードには一切通用しない。この事実があるので、モナコイントレードは経済がああだこうだ考えるだけ時間の無駄。
スポンサーリンク



最後に、

モナコインを買い捲って爆益だぜ。