FXのコツ

FXのコツに書いていくブログ。

FXのトレード資金の貯め方について。

散財がひどかったり、自分の給与が低くてFXのトレード資金が貯められないせいで、なかなかFXトレードをスタートできない人も多いのではないでしょうか?今回は、FXのトレード資金をとっとと貯めて、とっととFXトレードで大勝ちして、億万長者になりたいという人のために、FXのトレード資金のため方を伝授したいと思います。

1.アルバイトをする。

とにかくトレード資金がない人は、3ヶ月鬼のようにアルバイトをして、トレード資金50万円を貯めましょう。バイトは辛いですが、いつかFXトレードで成功して、大金持ちになるんだという強い気持ちさえあれば、辛いバイト3ヶ月くらい簡単に乗り越えられるはず。

2.親に土下座して、トレード資金50万円を恵んでもらう。

親が金持ちならば、最終奥義親に土下座をして、トレード資金50万円を恵んでもらいましょう。この時、親からもらったトレード資金50万円は、FXトレードで大勝ちしてから、親に50万円返せば何の問題ももない。

3.正社員になる。

これからFXの専業トレーダーになりたい人は、一年間正社員として一生懸命働き、トレード資金200万円を貯めましょう。正社員で働くのは面倒くさいですが、正社員が一番効率よく安全にお金を稼げるので、正社員で働いてトレード資金を貯めるのが一番。


4.youtuberになる。

youtuberはただ動画を取るだけで、月1億円稼げる可能性がある職業なので、働きたくないけど金が欲しい人に超おすすめできる職業。この職業で成功して、お金を月1億稼げれば、毎月5000万以上のお金をFXトレードに使うことができる。ただ、youtuberで成功しているのに、リスクが高いFXトレードをやる意味ある?と思ってしまう部分はある。

5.モナコインで、FXのトレード資金を稼ぐ。

最近、話題の仮想通貨のモナコインのトレードで爆発的な利益を生み出すことができれば、働かずしてFXのトレード資金を稼ぐ事が可能になる。このようなお金の稼ぎ方をすることで、モナコインでトレード経験がFXのトレード時にも生きるので、FXトレードでも圧倒的な成績を残せる可能性が高くなる。

6.ビットコインのビッグウェーブに乗ってFXのトレード資金を稼ぐ。

ビットコインの値の上昇は止まらず、ビットコインを買えば買うほど、お金が儲かる相場が到来しているので、今からビットコインをロングして、ビットコインのトレードでFXのトレード資金を稼いでしまいましょう。このようにビットコインでトレード資金を稼ぐことで、ビットコインでのトレード経験がFXのトレード時にも生きるので、FXトレードでも素晴らしい成績を残せる可能性が高くなる。

7.グーグルアドセンスで稼ぐ

ウェブサイトにグーグル・アドセンスの広告を貼って、収益を稼ぎ、FXのトレード資金を貯めて行きましょう。この方法をとれば、会社に行かないで多額のお金を稼げますし、会社に頼らないで生きていく術も身につけることができます。ただ、グーグル・アドセンスでそれなりの金額を稼ぐには、数十、数百万のアクセスを稼ぐ必要があるので、アドセンスでお金を稼ぐのは難易度が高いです。

8.街中で乞食をする

大都会の街中で、FXトレードを開始するためにお金が必要なので募金をお願いしますと叫びながら、乞食活動をしよう。運が良ければ、こいつ面白いことしているなと思っている人が、10000円くらいお金を募金してくれるかもしれない。

9.家にある高価なものを全て売り払おう。

家にあるいらない高価なものを全て売り払うことで、生まれたお金をFXのトレード資金として利用しよう。この時に発生する問題は、生活に必要なものまで売ってしまうと、生活するのに支障をきたすことになること。

10.A8.netで稼ぐ。

A8.netの広告をウェブサイトに貼って、月に1000万円以上のお金を稼ぎ、FXのトレード資金を貯めていきましょう。この方法をとれば、会社員よりも楽して効率的にお金を稼ぐ事が可能になります。ただ、A8.netのアフィリエイトで、月8桁稼ぐには、毎日16時間以上アフィリエイト記事を書き続けなければいけないので、A8で大金を稼ぐのは難易度が高いです。


11.もしもアフィリエイトで稼ぐ。

もしもアフィリエイトの広告をウェブサイトに貼って、月500万円を稼ぎ出し、FXのトレード資金を貯めていきましょう。この方法をとれば、くだらん会社員なんか一切やらなくても、効率的にお金を稼ぐことができてしまいます。ただ、もしもアフィリエイトで、月500万円桁稼ぐには、365日1日12時間アフィリエイト記事を書くことが必須なので、もしもアフィリエイトでお金を稼ぐのも楽ではないです。
スポンサーリンク



最後に、

トレード資金の貯め方について、書かせて頂きました。