FXのコツ

FXのコツに書いていくブログ。

ダイバージェンスとは?

RSIやポリンジャーバンドやRCIといったオシレーター系のテクニカルを利用してFX取引をして、爆発的な利益を出すことができるときもあるし、オシレーター系のテクニカルを利用せずに、適当にトレンドに乗るだけで利益を出せるときもあるのが相場。この事実が存在しているので、相場で生き残りたい人は、あまりテクニカルにこだわらずに、今の相場にフィットした手法で、FX取引を行うことをおすすめすします。

それでもさ、ダイバージェンスを理解しておけば、RSIやポリンジャーバンドの逆張りを効果的に行うことができるように、FX取引でも株取引でも仮想通貨取引でも爆発的な利益を生み出すことができるようになります。ただ、ダイバージェンスを理解していても、突然の要人の発言がきっかけで、為替レートが一方向にお起き動き、大きな損益をこうむることがあるので、ダイバージェンスこそがすべてだーなんてことは思ってはいけません。何事も、適度に役に立つと思っておいたほうが良い。今回は、ダイバージェンスのことを詳しく書いていきますね。

ダイバージェンスとは?

ダイバージェンスとは、オシレーター系テクニカルの売られすぎているの数値が下がっているのに、通貨ペアが大きく売られている状態に陥っていることをさしており、ダイバージェンスの状態が起きると、トレンド相場が終わります。このダイバージェンスが起きたところで、逆張りをすると大きな利益を得ることができますが、稀にダイバージェンスの時に逆張りをしても利益がでないときもあるので、相場環境を見てダイバージェンスを利用した逆張りをしていきましょう。

ダイバージェンスとポリンジャーバンドとRSIを利用した逆張りをしても、為替相場で負けることがあるので、逆張りで何がなんでも負けたくない気持ちを持っている人は、通貨ペアが買われたら買う、通貨ペアが売られたら、売るということを実践していこう。この順張りで気をつけるべきことは、明らかに通貨ペアが買われ過ぎのところでロング・ポジションをもたないことですね。これさえ守れば、順張りで大きな損益を被ることはありません。

ダイバージェンスの発生は、トレンドが弱くなったというサインを示しているだけ。

ダイバージェンスの発生をトレンドの終了だーと思い込み、ダイバージェンスの逆張りをするも、一度弱くなったトレンドが再度強くなってしまい、ダイバージェンスの逆張りで大きな損益を生み出してしまう為替トレーダーは多くいます。このような負け組トレーダーにならないようにするためにも、常にダイバージェンスの逆張りは負ける可能性があることと、ダイバージェンスの発生はトレンドが弱くなったというサインを示しているだけである事実を受け止めることと、テクニカルに絶対はないことを常に頭に入れておくことが重要となってきます。

それでも、ダイバージェンスが発生すると、トレンドが弱くなり、為替レートがある程度垂れてくるので、相場環境に応じた利確ラインできちんと利確することができれば、ダイバージェンスを利用した逆張りで利益を生み出すことができます。ただ、人間は思い込みが強い生き物ですから、相場環境に応じた対処をうまくこなすことができないため、次から次へと相場から退場する人が出てきています。

ダイバージェンスの発生は、ただの押し目でしかないときもある。

ダイバージェンスが発生しても、相場が下落する要因がなければ、ダイバージェンスは唯の押し目にしかならないので、ダイバージェンスで少し為替レートが落ちたところで、通貨ペアのロングポジションを持てば、爆発的な利益を生み出すことができます。ただ、突然、相場が下落する要因が生まることが起きるた時に、ダイバージェンスをただの押し目として捉えてしまうと、大きな損益を生み出すことになるので、注意が必要です。

ダイバージェンスを含むオシレーター系のテクニカル利用者が気をつけるべきこと。

☆大きなトレンドが発生すると、オシレーター系のテクニカルは役に立たない。

大きなトレンドが発生すると、RSIの100を上回ってしまうと、RSIを利用した逆張りをすると大きな損益を被ることになるので、大きなトレンドが発生したら、様子見をするか、大きなトレンドの方向に順張りをするかの二択をとるようにしましょう。当然、ポリンジャーバンドを利用した逆張りをする時や、ダイバージェンスを利用した逆張りをする時もしかりです。

☆ダイバージェンスを利用しても、負けるときは負ける。

ダイバージェンスを利用した逆張り時に、トランプ大統領がOOOOと言ったことが原因で、自分の逆張り方向とは逆に通貨ペアのレートが動けば、大きな損益を被ることになるので、ダイバージェンスを利用したら絶対に勝てると思って、レバレッジ上げすぎると一瞬で大きな損益を被ることになります。このようなことを想定しておき、ダイバージェンスを利用した逆張り時にも、レバレッジを抑えておくことが大事。

☆逆張りをするなら、8時間足や日足のRSIが80%~90%のところ。

ダイバージェンスの逆張り以上に、8時間足や日足のRSIが80%~90%のところで逆張りしたほうが勝率が高いという事実が存在しているので、逆張りトレーダーとして頑張っていきたい人は、ガンガン8時間足や日足のRSIが80%~90%のところで逆張りをしていこう。また、RSIの逆張りをしても10%~20%はまけてしまうので、RSIの逆張りをした時に、自分の思惑とは逆に動いたら速攻で損切りすれば大きな損益を出すことはありません。

☆テクニカルは所詮テクニカルでしかない。

為替取引は、買われている時に買う、売られている時に売るの順張りを実行すれば、誰でも利益を出すことができるので、ダイバージェンスというテクニカルを知らなくても、為替取引で利益を出すことができます。逆に、ダイバージェンスのテクニカルを知っているゆえに、順張りすべきところで、ダイバージェンスのテクニカルを利用した逆張りをしてしまい、大きな損益を生み出すことは結構あります。まあ、テクニカル依存症になりすぎないことは大事だよね。

☆相場は雰囲気で動く。

相場は、テクニカルで動くときもありますが、雰囲気で動くときもあるので、テクニカルで値動きを予想しすぎると大きな損益を被ることになります。この事実があるので、ときと場合によっては、テクニカルを利用せずに、相場の雰囲気で、為替取引をすることも、為替取引で利益を出す上でとても重要なことになってきます。

☆レバレッジを下げておけば、テクニカルなんてどうでもいい。

何十円~年百円もの為替レートの大変動にも耐えれる低レバレッジでのFX取引であれば、通貨ペアがどんな大変動をしても自分のポジションが狩られることもない。当然、通貨ペアのレートは、大きく変動しても、変動する前のレートに戻る特性があるので、ポジションが刈られない限りは、いつかはFXのトレード収支をプラスにすることができる。

☆損切りライン10PIPS~20PIPSのルールは守ろう。

ダイバージェンスのテクニカルをつかっているから、俺が損するわけがないと思ってしまうと、FX取引での損切りが遅れてしまい、大きな損益を出すことになってしまいます。このような事態に陥らないようにするためにも、含み損が10PIPS~20PIPSに到達したら、容赦なく損切りを実行していきましょう。

☆ダイバージェンスとかのテクニカルの勉強をするよりも、実際に為替取引をすることが一番の成長につながる。

ダイバージェンスのテクニカルを勉強したからといって、相場観を身に着けたり、損切りスキルを身に着けたり、利確ラインで利益を確定させるスキルを身につけることはできません。この揺るぎない事実があるので、為替相場でお金を儲けるスキルを身に着けたい人は、ダイバージェンスのテクニカルのお勉強ばかりしていないで、実際に為替取引の勉強をすることが重要となってきます。

☆ 利確ライン20PIPS~30PIPSのルールを守ろう。

ダイバージェンスのテクニカルを使っているから、俺は爆発的な利益を得られるだろうと思ってしまい、FX取引での利益確定が遅れてしまうと、利益を生み出すことができなくなってしまいます。このような事態に陥らないようにするためにも、利確ライン20PIPS~30PIPSに到着したら、キチンと利益確定する習慣を見に付けていこうぜ。

☆休むも相場をキチンと実行していこう。

ダイバージェンスを利用したテクニカルで利益を得た後に、トレードで精神的なストレスを抱えていることがわかったら、FX口座からお金を全額出金して、休むも相場を実践することをおすすめします。そうはいっても、お金を儲かっているときは、ポジればポジるほど儲かるだろというメンタルを持ってしまっているので、なかなか休むも相場を実行できないんですけどね。

☆無限上げ相場のときはテクニカルは通用しない。

無限上げ相場が訪れると、すべてのテクニカルを無視して、無限に上に為替レートが上昇していくので、ダイバージェンスを利用した逆張りをすると大きな損益を叩きだすことになります。こういう事実が存在しているため、これは無限上げ相場が来るかもしれないと感じたら、ダイバージェンスを利用した逆張りをすることを辞めておこう。

☆無限下げ相場のときはテクニカルは通用しない。

無限下げ相場が訪れると、すべてのテクニカルを無視して、無限に下に為替レートが下落していくので、オシレーター系のテクニカルを利用した逆張りをすると自分の予想を大きく上回る損益をうみだすことに。こういう事実が存在しているため、無限上げ相場が来るかもと感じたら、オシレーター系のテクニカルを利用した逆張りをすることはやめよう。

ダイバージェンス利用者からの人気が高いFX口座とは?

第1位  【XEMarkets】

XMことXEMarketsは、大きな為替変動時にもスプレッドが固定されているので、自分のポジりたい場面で躊躇なく、ポジションをとることができます。それ以外にも、XMをの最大レバレッジ888倍をうまく利用すれば、FX取引の利益を最大化し、FX取引の損益を減らすことができます。また、XMの口座開設者は3000円キャッシュバックを受け取れます。

第2位   [ Big Boss ]

BIGBOSSは、最大レバレッジ555倍に対応しているので、微々たる資金で大量のポジションを所持したい人に適しているFX口座です。しかも、BIGBOSSは、ゼロカットシステムを搭載しているので、自分の資金が0を下回り、追証の憂き目に合うこともほとんどありません。そして、BIGBOSSでは、史上最強のトレードツールMT4を利用することができます。

第3位  【FxPro】

FXPROは、最大レバレッジ500倍に対応しているので、国内FXのレバレッジに物足りなさを感じてしまった人に適しているFX口座です。しかも、通貨ペアだけでなく、先物や仮想通貨の取引を行うことができるので、ありとあらゆる金融商品で利益を出したい人がFXPROを利用しています。そして、FXPROはスムーズな入金と出金が魅力です。