FXのコツ

FXのコツに書いていくブログ。

レバレッジ200倍でFX取引をするメリットとデメリット。

レバレッジ3000倍やレバレッジ1000倍やレバレッジ888倍やレバレッジ555倍やレバレッジ400倍のFX取引は、2PIPS ~25PIPSの含み損を抱えるとゼロカットが発生してしまうので、レバレッジ400倍以上のFX取引時に損切りをしないでボケーとしているとあっと言う間にゼロカットが発生して、自分のトレード資金が0になります。このような結末をたどりたくなければ、レバレッジ100倍~200倍程度のレバレッジに抑えて、FX取引を行なっていきましょう。今回は、レバレッジ200倍でFX取引するメリットとデメリットをテーマにして記事をかいていきます。

レバレッジ200倍でFX取引をするメリット。

■レバレッジ200倍は50PIPSでゼロカットされる。

レバレッジ888倍のFX取引は、たった10PIPSでゼロカットされてしまうため、損切りして自分の自己資金を守ることができませんが、レバレッジ200倍のFX取引は、50PIPSでゼロカットされるため、ポジションを取ってから自分の決めた損切りラインで損切りをすることの猶予の時間があります。

■レバレッジ200倍のFX取引の利益額は半端ない。

資金50万円でレバレッジ200倍の取引で100PIPSの含み益を得ると、100万円の利益を得ることできるので、何度もレバレッジ200倍の取引を成功させれば、あっと言う間に億トレーダーの仲間入りを果たすことができます。この事実があるので、短期間で億トレーダーになりたい人は、ガンガンレバレッジ200倍のFX取引を行っていこう。

■レバレッジ200倍のFX取引に対応している海外FX口座のスプレッドは狭い。

レバレッジ200倍のFX取引にも対応しているXMのZero口座は、ほぼすべての通貨ペアで1.0PIPS~2.0PIPSでのスプレッドでのFX取引を行うことができますが、XMZero口座ではXM特有の超豪華なキャッシュバックボーナスが一円たりとももらえないデメリットがあることをお忘れなく。

■損切りをする習慣がつく。

レバレッジ200倍でのFX取引は、少し損切りが遅れただけで自分のトレード資金の大半を失うリスクがあるので、大きな損益を出す前に損切りをするようになる。それに比べて、レバレッジ25倍でのFX取引は、すぐに損切りをしなくても自分のトレード資金の大半を失うことがないので、大きな損益が出るまで損切りを行わないようになってしまう。

■為替相場から退場する経験をすることができる。

レバレッジ200倍以上のFX取引では、たった50PIPSの含み損を抱えるだけで自分のtrade資金が0になってしまうので、誰でもレバレッジ200倍以上のFX取引をしていれば、一度は自分のtrade資金を0にして、為替相場から退場することになります。この為替相場から退場する経験をすることで、損切りラインで損切りをすることの重要性を身を持って知ることができます。

■レバレッジ200倍のFX口座はクレジットカード入金とデビッドカード入金に対応。

レバレッジ25倍以上のFX取引しか行えない国内FX口座は、クレジットカード入金とデビットカード入金に未対応で、銀行振込にしか対応していないため、自分のFX口座にトレード資金を入金するのが面倒です。それに比べて、レバレッジ200倍以上のFX取引を行える海外FX口座は、クレジットカード入金とデビットカード入金に対応済みで、自分のFX口座にトレード資金を入金するのがとても簡単です。

■レバレッジ200倍のFX口座は、多種多様なボーナスが存在している。

レバレッジ200倍のFX口座は、FX口座開設ボーナス3,000円やFX取引量に応じたキャッシュバックが存在しているので、FX取引で利益を出す以外の部分で利益を生み出したい人がレバレッジ200倍対応済みのFX口座を利用しています。ただ、レバレッジ200倍の海外FX口座は、国内FX口座よりも1.0PIPSほどスプレッド広いので要注意です。

■レバレッジ200倍のの海外FX口座の開設は簡単。

レバレッジ200倍の海外FX口座の開設時に、面倒な住所確認や身分証明書の提出する必要がないので、レバレッジ200倍の海外FX口座の口座開設は簡単です。それに比べて、レバレッジ25倍の国内FX口座は、面倒な住所確認や身分証明書の提出や自分の所得の提出があるので、レバレッジ25倍のFX口座開設は面倒です。

■仮想通貨やCFD取引が行える。

国内FX口座では、メジャーな通貨ペアの取引しか行うことができず、多種多様な金融商品で利益を生み出すチャンスを逃すことになりますが、レバレッジ200倍の海外FX口座では、メジャーな通貨ペアだけででなく、CFDや仮想通貨の取引を行う事ができます。ただ、CFDや仮想通貨の値動きを的中させることは、通貨ペアの値動きを的中させることの数倍難しいので、FX初心者はCFDや仮想通貨の取引に手を出してはいけません。

■レバレッジ200倍の海外FX口座のセキュリティーは安全。

レバレッジ200倍の海外FX口座は、出金時に身分証明書の提出と自分の住所が確認できる書類の提出が求められるので、見知らぬ第三者に勝手に自分のFX口座からお金を出金されることがありません。

レバレッジ200倍でFX取引をするデメリット。

■すぐにゼロカットされる。

レバレッジ10倍程度のFX取引だと、1500PIPSの含み損を抱えて、ようやくゼロカットされるので、よほどのことがない限り自分のポジションがなくなることがありません。それに対して、レバレッジ200倍程度のFX取引だと50PIPSの含み損を抱えただけで、ゼロカットされるので、少し他事をやっているうちに、自分のポジションがなくなります。

■多額の損失を被ることがある。

レバレッジ200倍のFX取引は、FX取引を成功させれば、一日で多額の利益を得ることができますが、FX取引を失敗させれば一日で多額の損益を被ることになります。このことを常に頭の片隅においておけば、レバレッジ200倍のFX取引時に素早い損切りを行うことができて、損益を最小限に抑えることができるはず。

■ 会社を辞めてしまう。

レバレッジ200倍のFX取引を何度も成功させて多額の利益を何度も得ているうちに、サラリーマンとして会社で仕事をすることが馬鹿らしくなり、勢いで会社をやめてしまいます。このような末路をたどりたくない人は、レバレッジ200倍のFX取引で適度な利益を得るくらいにとどめておくのが最低です。

■スプレッドが広い問題がある。

国内FX口座の通貨ペアのスプレッドは、どれも1.0PIPS以下となっているので、スプレッドの広さをおそれることなく、ガンガンスキャルピング取引を行えます。それに比べて、レバレッジ200倍の海外FX口座の通貨ペアのスプレッドは、どれも1.0PIPSを超えているので、スプレッドの広さを恐れてしまい、ガンガンスキャルピングを行うことができません。

■CFDや仮想通貨の取引ができてしまう。

レバレッジ200倍の海外FX口座では、リスクが高い金融商品であるCFDや仮想通貨の取引ができてしまうので、半ば強制的にCFDや仮想通貨の取引で大損するリスクを背負うことになります。それに比べて、レバレッジ25倍の海外FX口座では、リスクが高い金融商品であるCFDや仮想通貨の取引ができないので、仮想通貨やCFDで大損するリスクを背負いません。

■ついつい全資産でFX取引を行ってしまう。

レバレッジ200倍対応のFX口座を開設してしまうと、レバレッジ200倍を用いて爆発的な利益を得てやろうという思いから、自分の全資産をFXのトレード資金として、レバレッジ200倍のFX取引を行ってしまいます。その結果、レバレッジ200倍のFX取引に失敗してしまい、自分のトレード資金のすべてを失う末路をたどることになります。

■レバレッジ200倍のFX取引でストレスがたまる。

レバレジ10倍のFX取引は、多少の含み損を抱えても、証拠金維持率を高い状態に保てるため、FX取引時に過剰なストレスを感じることがありません。それに比べてレバレッジ200倍のFX取引は、30PIPSの含み損を抱えると、証拠金維持率がとてももなく低い状態になってしまうため、自分のトレード資金のすべてを失うかもしれないという思いが生まれ、FX取引時に過剰なストレスを感じることに。

■ロスカットシステムがない。

国内FX口座のように、ロスカットシステムが搭載されていれば、自分の証拠金維持率が50%をきったところでロスカットが発動するので、
自分のトレード資金の半分を守ることができます。それに対して、海外FX口座はロスカットシステムがなく、ゼロカットシステムのみ搭載されていることもあって、自分の証拠金維持率が50%を切ってもロスカットシステムが発動しません。

■突然FX取引ができない時がある。

レバレッジ200倍のFX口座のサーバーでエラーが起きて、FX取引が行えない時がたまにあるので、FX口座のサーバーエラーのせいで、FX取引で多額の利益を得る機会を損失したくない人は、複数のFX口座でFX取引を行える状況にしておきましょう。

レバレッジ200倍のFX口座とは?

第1位  【XEMarkets】

XMことXEMarketsは、最大レバレッジ888倍のFX取引を行うことができるので、レバレッジ10倍~888倍の幅でのFX取引を行っているFXトレーダーが利用しています。しかも、XMの口座開設ボーナス3000円をFXのトレード資金にすれば、自己資金0でFX取引ができます。そして、XMはゼロカットシステムに対応しています。

第2位   [ Big Boss ]

BIGBOSSは、最大レバレッジ555倍のFX取引を行うことができるので、レバレッジ10倍~555倍の幅でのFX取引を行っているFXトレーダーが利用しています。しかも、BIGBOSSのスプレッドは1.0PIPS~2.0PIPSとなっているので、BIGBOSSはスキャルピング向きの海外FX口座です。そして、BIGBOSSは、ゼロカットシステムにも対応しています。

第3位  【FxPro】

FXPROは、最大レバレッジ500倍に対応しているので、レバレッジ10倍~レバレッジ500倍の幅でのFX取引を行っているFXトレーダーが利用しています。しかも、FXPROは重要経済指標発表時にもスプレッドが開かないので、経済指標スキャルピング向きのFX口座です。そして、FXPROは0カットシステムに対応しています。

関連記事
www.thethao24.tv