FXのコツ

FXのコツに書いていくブログ。

レバレッジ25倍について。

FXのレバレッジ25倍は、損切りができない人からしたら、レバレッジが高すぎると感じるレベルですが、損切りがきちんと行える人からしたら、レバレッジが低すぎると感じるレベルです。このような考えができるようにならない内は、為替相場でお金を溶かすFXトレーダーを卒業することができず、何のためにFX取引を行っているのかわからない状況に陥ります。この状況を抜け出すには、為替取引で一度大きな損益を出して、損切りができないFXトレーダーは相場から追放されることを身を持って知る必要があります。

レバレッジ25倍で取引するメリット。

1.一瞬で為替相場から追放されることがない。

レバレッジ400倍の為替取引だと、ワンミスでゼロカットにあい、速攻で為替相場から退場する事態に巻き込まれてしまいますが、レバレッジ25倍の取引だと、ワンミスでゼロカットにあうことがないので、長期に渡って為替取引をおこなうことができます。ただ、損切りができなれば、レバレッジが低くても、いずれ大きな強制ロスカットをくらうことになり、為替相場から退場することになりますが。

2.出金のスピードが最短最速。

国内FX口座は、面倒な出金でつづきがまったくなく、1日~2日ほどで出金作業が完了するメリットがあるので、稼いだ金をすぐに自分の手元におきたい人は国内FX口座の利用を推奨しています。それに対して、海外FX口座は、出金手続きが大変で、出金までに3日ほど時間がかかるので、稼ぐ金をすぐに自分の手元におけません。

3.レバレッジ25倍のFX口座はスプレッドが狭い。

レバレッジ400倍海外FX口座は、スプレッドが1.8PIPS~8.0PIPSと広く、スキャルピングにあまり適した口座とはいえません。それに対して、レバレッジ25倍の国内FX口座は、スプレッドが0.3PIPS~1.0PIPSと狭いので、スキャルピングに超適した口座となっています。

4.高速スキャルピングで利益を出すことができる。

レバレッジ25倍のFX口座は、スプレッドが狭いため、数秒から数分で利益を確定したり、損益を確定する高速スキャルピングを行い、多額の利益をうみだせます。ただ、国内口座を用いた高速スキャルピングで利益を出し続ける口座が凍結されるリスクがあることをお忘れなく。

5.レバレッジ25倍のFX口座を開設するとお金が貰える。

レバレッジ25倍のFX口座を開設すると、FX業者から6000円~15000円のお金を受け取ることができるので、ノンリスクで現金を受け取りたい人は、国内FX口座を開設するようにしましょう。このメリットを利用して、国内FX口座を開設しまくって、お金を稼ぐのもありですね。

6.ポンド円のスプレッドが2.0PIPSと狭いのが良い。

海外FX口座は口座だとポンド円のスプレッドが5.0PIPSとなっており、ポンド円でポジを取るだけでそれなりの損益を被ることになります。それに対して、レバレッジ25倍の国内FX口座だとポンド円のスプレッドが1.0と狭く、スキャルピングで利益を出すのがとても容易となっています。

7.レバレッジ25倍のFX口座は出金トラブルがない。

レバレッジが高い海外FX口座は、出金トラブルが起きる可能性がありますが、レバ25倍の国内FX口座は出金トラブルが起きる可能性がほとんどありません。

8.レバレッジ25倍の取引は、メンタルが安定する。

レバレッジ25倍の取引だと、20PIPS~30PIPS 自分のポジの逆に動いたところで、大した損益にならないことがわかっているので、落ち着いたメンタルでFX取引を行うことができます。それに対して、レバレッジ400倍の取引だと、20PIPS~30PIPS 自分のポジの逆に動いたら退場になってしまうことがわかっているので、戦々恐々としたメンタルでFX取引を行うことになります。

9.国内FX口座のスマホアプリの品質が高い。

国内FXの口座のスマホアプリ1つで、経済指標の結果を知ることやテクニカルをチャートに表示させることやスマホアプリでFX取引を行うことができます。この便利さを知ってしまうと、海外FX口座のスマホアプリで取引をする気持ちが薄れます。

10.レバレッジ25倍の国内FX口座の取引画面は使いやすい。

海外FX口座の取引画面は少し使いにくさを感じる仕様ですが、国内FX口座の取引画面は使いにくさを一切感じません。このように感じてしまった人の多くが、レバレッジ25倍の国内FX口座で為替取引をしています。

レバレッジ25倍で取引するリスク。

1.早い損切りができなくなる。

レバレッジ25倍のFX取引で、含み損に5円~10円耐えられるという気持ちをもってしまうと、損切りのスピードが遅れてしまい、損切りしようと思った頃には大きな含み損を背負うことになっています。こういう事態を防ぐには、ポジションを持つ前に損切りをするラインをきちんと決めておけば良いだけ。とはいっても、多くの人は、損切りしようと思っているのに、損切りを実行することができず、強制ロスカットの憂き目にあって、為替相場から退場することになります。

2.レバレッジ25倍の為替取引では、大きな利益を手にすることができない。

レバレッジ400倍のFX取引で、20PIPS抜くことに10回成功すれば、一気に億トレーダーの階段を登ることができますが、レバレッジ25倍のFX取引で、20PIPS抜くことに10回成功しても億トレーダーになることができません。この事実をしってしまうと、レバレッジ25倍でちまちま為替取引を繰り返しても仕方がないと思ってしまい、レバレッジ400倍での為替取引を開始するようになります。ただ、レバレッジ400倍の取引に失敗すると、自分のトレード資金のすべてを失いかねないので、注意が必要です。

3.レバレッジ25倍のFX口座には、ゼロカットシステムが完備されていない。

レバレッジ25倍の国内FX口座で為替取引をしている時に、大きな為替変動が起きれば、自分のトレード資金が0になるだけでなく、自分のトレード資金がマイナスになってしまいます。当然、マイナスになった金額は、後日FX会社に支払う必要があるので、借金をしたくない人は国内FX口座ではなく、海外FX口座を利用するようにしましょう。

4.レバレッジ25倍の国内FX口座の場合、経済指標発表時にスプレッドが開き過ぎて、経済指標スキャルピングができない。

海外FX口座であれば、経済指標発表時にスプレッドが固定されているため、経済指標スキャルピングを躊躇なく行うことができますが、国内FX口座は、経済指標発表時に、スプレッドは5PIPS~8PIPSと開いてしまうため、経済指標スキャルピングを躊躇なく行うことができません。このことをしってしまった人の多くが、海外FX口座で、経済指標スキャルピングを行っています。

5.キャッシュバックのリターンが少ない。

国内FX口座は、スプレッドが狭いメリットを有している反面、キャッシュバックのリターンが少ないというデメリットが存在しています。それに対して、海外FX口座は、スプレッドが広いデメリットを有している反面、キャッシュバックのリターンが大きいというメリットが存在しています。この二つのことを判断材料にして、国内FX口座を利用するのか、海外FX口座を利用するのかを判断するのかを決めるのがベストです。

6. レバレッジ25倍国内FX口座の入金は手間がかかる。

国内FX口座は、クレジットカード入金やデビットカード入金に対応しておらず、銀行口座入金しかできないので、入金を速攻完了させてFX取引を開始したい人にはあまりおすすめできません。それに対して、海外FXを口座は、クレジットカード入金やデビットカード入金に対応しているので、FX口座に入金を速攻完了させてFX取引を開始したい人に、超おすすめす。

7.ロスカットシステムがある。

国内FX口座は、強制ロスカットシステムがあるため、自分が損切りしたくないタイミングで損切りをされてしまい、強制ロスカットされなければ爆益だったのにと思う場面に何度も直面することになります。こういうリスクを回避したいと思っている人は、自分の資金が0になるまで、ポジションを維持することができる海外FX口座を利用するようにしましょう。

8.レバレッジ25倍のFX口座では、たまにFXの取引画面にログインできないことがある。

レバレッジ25倍のFX口座は、たまにFXの取引画面にログインできないことがあるので、機会損失を防ぎたい人は、海外FX口座を利用するようにしよう。ただ、海外FX口座でも、たまにFXの取引画面にログインできないことがおきるので、国内FX口座を使おうが、海外FX口座を使おうがあまり大差はありませんが。

9.雇用統計時にスプレッド開きすぎる。

国内FX口座は、雇用統計時にスプレッドが開き過ぎて、雇用統計スキャルピングができないといった問題点があるので、雇用統計で大きな利益を上げたい人は、雇用統計時にスプレッドが開きにくい海外FX口座を利用するようにしましょう。そうはいっても、海外FX口座でも雇用統計発表時に、スプレッドが開くことはありますが。

10.指数や仮想通貨や株の取引ができない。

国内FX口座は、為替取引にしか対応しておらず、指数や仮想通貨や株の取引ができないという問題点があります。それに対して、海外FX口座は、指数や株や仮想通貨の取引のすべてに対応しているので、株や指数や仮想通貨で爆発的な利益を生み出すことが可能です。ただ、仮想通貨や株や指数は、FXよりも値動きの予測が難しく、FX初心者が手を出していいものではないことをお忘れなく。
スポンサーリンク



最後に

FX最高。

www.thethao24.tv