FXのコツ

FXのコツに書いていくブログ。

FXレバレッジ規制10倍のメリットとデメリット。

レバレッジ100倍~400倍でのFX取引は、10PIPS~100PIPSの含み損を抱えるだけで、自分のトレード資金が0になってしまうので、レバレッジ100倍以上の取引をするFXトレーダーの多くは常に多額の損益を被るリスクと隣り合わせです。それに対して、レバレッジ10倍でのFX取引は、1000PIPS以上の含み損を抱えると、自分のトレード資金が0になってしまうので、レバレッジ10倍以上の取引をするFXトレーダーの多くは、FXの損益額を低めに抑えることができます。今回は、FXレバレッジ規制10倍のメリットとデメリットについて書いていきます。

FXレバレッジ規制10倍のメリット

■ 精神的な余裕をもってFX取引を行える。

レバレッジ10倍時のFX取引であれば、100PIPS以上の含み損を抱えても、大した損益額にならないので、精神的な余裕を持ってFX取引に取り組むことができ、FX取引で容易に利益を生み出すことができます。それに比べて、レバレッジ100倍以上のFX取引であれば、100PIPS以上の含み損を抱えた瞬間に、自分のトレード資金が0になるので、FX取引時に精神的な余裕を持つことができなくなり、FX取引で多額の利益を生み出すことができません。

■ FX取引時に、多額のお金儲けてやる欲を抑制できる。

レバレッジ10倍のFX取引で、100PIPS以上の含み益を得ても、大した利益額にならないこともあって、レバレッジ10倍時のFXの取引時は多額のお金を儲けてやる気持ちを一切持たずにFX取引を行うことができ、FX取引時に冷静な判断をすることができます。それに比べて、レバレッジ400倍のFX取引で、100PIPSの含み益を得ると、莫大な利益を得られることもあって、レバレッジ400倍時のFX取引時は多額のお金を儲けてやる気持ちを持ってFX取引を行うようになり、FX取引時に冷静な判断をすることができなくなります。

■500PIPS~1000PIPSの含み損を抱えても、ゼロカットされない。

レバレッジ100倍のFX取引の場合、100PIPS以上の含み損を抱えると、ゼロカットシステムが発動し、自分のトレード資金が0になってしまいますが、レバレッジ10倍の場合、500百PIPS~1000PIPSの含み損を抱えても、ゼロカットシステムが発動することなく、自分のポジションを保有することができます。これらの事実があるので、ゼロカットされずに自分のポジションを持ち続けたい人は、レバレッジ10倍のFX取引を徹底するようにしましょう。

■損切りを躊躇なく行える。

レバレッジ10倍でのFX取引では、ポジれる枚数が少ないため、損切り時の損益額も小さくなり、FX取引で損益を出すことを恐れることなく、損切りを躊躇なく行うことができます。それに比べて、レバレッジ400倍でのFX取引では、ポジれる枚数が桁違いに多くなるため、損切り時の損益額も大きくなり、FX取引で損益を出すことを恐れるようになり、損切りをすることを渋るようになります。

■ポジションを長期間ホールドすることができる。

レバレッジ10倍でのFX取引は、多額の利益を得るには多額のPIPSを獲得する必要があるので、自ずと利確することが遅くなり、ポジションを長期間ホールドすることができます。それに比べて、レバレッジ400倍でのFX取引は、多額の利益のえるのに、20PIPSを獲得するだけで良いので、自ずと利確することが早くなり、ポジションをすぐに手放してしまいます。

■海外FX業者でのFX取引を行うようになる。

レバレッジ10倍規制が開始されれば、多くの日本人FXトレーダーは、国内FX口座を利用することをやめて、レバレッジ400倍対応の海外FXの口座を利用するようになります。このレバレッジ400倍の海外FX口座を利用すれば、国内FX口座では考えられなかったレバレッジでのFX取引を行うことができるようになるので、自分の創造を大きく上回る利益を得られます。それ以外には、海外FX口座は、国内FX口座にはないゼロカットシステムを搭載していたり、国内FX口座にはない入金ボーナスがあったり、国内FX口座にはないクレジットカードやデビッドカード入金に対応していたりするなど、様々なメリットがあります。

■自分の身の丈にあった枚数しかポジれない。

レバレッジ10倍のFX取引では、自分の身の丈にあった枚数しかポジションを取ることしかできないので、FX取引で自分の身の丈を超えた利益を得たり、自分の身の丈を超えた損益を被ることになります。この事実があるので、FX取引で自分の人生を狂わすような爆発的な利益を得たり、自分の人生を破滅させるような多額の損益を出したくない人は、レバレッジ10倍のFX口座を利用して、FX取引を行うようにしましょう。

■ 仮想通貨や指数の取引を行わないで済む。

レバレッジ10倍に対応しているFX口座では、比較的リスクが低い通貨ペアの取引のみを行うことができるので、一瞬で多額の損益を出す事態に出会うことがほとんどありません。それに比べて、レバレッジ400倍に対応しているFX口座では、リスクが高い仮想通貨や指数の取引を行うことができるので、一瞬で多額の利益を出す事態に陥ることもあります。

■レバレッジ10倍のFX口座はロスカットシステムに対応している。

レバレッジ10倍のFX口座は、ロスカットシステム(自分の証拠金の半分を下回ったら、ポジションがなくなる)が存在しているので、自分のトレード資金の半分を守り抜くことができます。それに比べて、レバレッジ400倍に対応しているFX口座では、ゼロカットシステム(自分の全資産が0になるまでポジションをホールドできる)が存在しているので、FX取引時に損切りをじっこうしなければ、自分のトレード資金のすべてをうしななうことになります。

■レバレッジ10倍のFX口座は、クレジットカード入金に未対応。

レバレッジ10倍のFX口座は、クレジットカード入金システムに未対応で、クレジットカードを原資(借金)にしてFX取引を行うことができないので、FX取引で借金を背負うことがありません。それに比べて、レバレッジ400倍に対応しているFX口座は、クレジットカード入金システムに対応しているので、クレジットカードを原資(借金)にしてFX取引を行うことができるので、FX取引で借金を背負うことがあります。

FXレバレッジ規制10倍のデメリット。

■ハイレバレッジでのFX取引ができない。

レバレッジ100倍以上でのFX取引であれば、少額資金で10LOT以上のポジションを取ることができるので、少額資金のFXトレーダーでも一日で多額の利益を得ることができます。それに比べて、レバレッジ10倍のFX取引では、少額資金で1LOTほどのポジションしか取る事ができないので、少額資金のFXトレーダーは微々たる利益しか得ることができません。これらの2つの事実から判断するに、一日で爆発的な利益を得たい人は、レバレッジ100倍以上でのFX取引をしよう。

■FX取引で本気になれない。

レバレッジ400倍のFX取引であれば、たった一万円からでも数億円のお金を稼ぎ出すことも不可能ではないので、FX取引に本気で取り組む事ができるメリットがあります。それに比べて、レバレッジ10倍のFX取引であれば、たった一万円からでは、数億円は愚か数十万円を稼ぐことすらできないので、FX取引に本気で取り組むことができません。

■レバレッジ10倍のFX口座は、クレジットカード入金に対応していない。

レバレッジ10倍のFX口座は、クレジットカード入金に対応していないため、自分のFX口座に気軽に資金を入金することができないので、あまり使い勝手がよくありません。それに比べて、レバレッジ888倍に対応しているXMは、クレジットカード入金に対応しているため、自分のFX口座に気軽に資金を入金することができるので、かなり便利です。

■仮想通貨や株や指数の取引を行えない。

レバレッジ400倍のFX口座では、仮想通貨や指数や株といった変動が大きい金融商品の取引ができるため、FX取引では考えられない大きな利益を得ることができるメリットがあります。それに比べて、レバレッジ10倍のFX口座では、変動が小さい通貨ペアの取引しか行うことができないため、FX取引で微々たる利益然得ることができないので、いつまで立っても億トレーダーになることができません。

■ゼロカットシステムに対応していない。

レバレッジ10倍対応の国内FX口座は、顧客の資金が0を大きく下回った部分の金額をFX会社が負担するゼロカットシステムに対応していないので、大きな為替変動に対応できず、自分のトレード資金が0を大きく下回った場合、0を大きく下回った分の金額をFX会社に支払う必要があります。

レバレッジ10倍のFX口座は、経済指標発表時にスプレッドが開く。

レバレッジ10倍のFX口座は、経済指標発表時にスプレッドが大きく開くために、経済指標スキャルピングを気軽に行うことができないデメリットが存在しています。それに比べて、レバレッジ400倍のFX口座は、経済指標発表時にスプレッドが固定されているため、経済指標スキャルピングを気軽に行うことができるメリットが存在しています。

レバレッジ10倍のFX口座は、突然スプレッドが大きく開くことが頻繁に起きる。

レバレッジ10倍のFX口座は、突然スプレッドが大きく開いてしまうことが頻繁に起きて、トレードチャンスにポジションを取ることができず、爆益を得る機会を逃します。それに比べて、レバレッジ400倍のFX口座は、突然スプレッドが大きく開くことがほとんどないため、トレードチャンスでポジションを取ることでき、爆益を得る機会をものにできます。

レバレッジ10倍では、確実に勝てる局面で、爆益を得られない。

確実に勝てる局面で、レバレッジ400倍で100PIPSの利幅を抜くことができれば、自分の予想を遥かに上回る爆益を手にすることができ、一躍勝ち組トレーダーの仲間入りすることができます。それに比べて、確実に勝てる場面で、レバレッジ10倍で100PIPSの利幅を抜くことができても、自分の予想を大きく下回る微々たる利益しか得られません。

損切りラインで損切りができない。

レバレッジ10倍のFX取引は、大きな値幅の含み損を抱えても、損益額が限定されているため、まだ損切りしなくても大丈夫だろの気持ちが生まれてしまい、損切りラインで損切りがすることができず、大きな損益を抱えてからようやく損切りをするようになります。このような末路をたどりたくない人は、レバレッジが何倍だろうが、損切りラインで損切りをしよう。

利確ラインで利確ができない。

レバレッジ10倍でのFX取引は、自分の決めた利確ラインで利確をしても微々たる利益しか得ることができないので、FXトレード中にもっと利益が欲しいという気持ちがうまれてしまい、利確ラインで利確がすることができません。その結果、自分の含み益を抱えたポジションが、多額の含み損を抱えたポジションになってしまい、FX取引で大きな損切りをする末路をたどることになります。

レバレッジ10倍規制がないFX口座とは?

第1位  【XEMarkets】

XMことXEMarketsは、レバレッジ10倍の88倍であるレバレッジ888倍でのFX取引をすることができるので、一度のトレードチャンスで多額の利益を得たい人が利用しています。しかも、XMは、クレジットカード入金とデビットカード入金に対応しているので、XM口座に簡単に入金することができちゃいます。そして、XMは0カットシステムに対応しています。

第2位   [ Big Boss ]

BIGBOSSは、レバレッジ10倍の55倍であるレバレッジ555倍でのFX取引をすることができるので、一度のチャンスで半端ない利益を得たい人が利用しています。しかも、BIGBOSSは、ロスカットシステム未対応で、ゼロカットシステム対応のFX口座となっています。そして、BIGBOSSは、経済指標発表時にスプレッドが固定されているので、気軽に経済指標スキャルピングを行えます。


第3位  【FxPro】

FXPROは、レバレッジ10倍の50倍であるレバレッジ500倍でのFX取引をすることができるので、一度トレードチャンスで規格外の利益を得たい人が利用しています。しかも、FXPROは、ゼロカットシステムに対応しているので、どんなことが起きても追証を食らうことがありません。そして、FXPROはクレジットカード入金とデビットカード入金にも対応しています。


関連記事

www.thethao24.tv