FXのコツ

FXのコツに書いていくブログ。

ローソク足インジケーターまとめ。

ローソク足インジケーターやポリンジャーバンドやRSIといったテクニカルを利用すれば、FX取引で容易に利益を生み出すことができますが、テクニカルを利用したからといって、FXトレーダーが素早い損切りと遅い利確を行い、トレード収支をプラスにすることができるようになるわけではないので、テクニカルは万能ではありません。この事実に気づくと、テクニカルを盲信することをやめて、どれだけ自分のポジに自信があっても、損切りラインで損切りするようになり、FX取引で利益を生み出すことができるようになります。今回は、ローソク足インジケーターまとめをテーマにして記事をかいていきます。

ローソク足インジケーター一分足。

f:id:akihiro5:20180926140314p:plain

上記の一分足のローソク足を表示してくれるDMMFXのプレミアムチャートです。このDMMFXプレミアムチャートのローソク足インジケーターを利用すれば、一分足のローソク足から投資家心理を読み取ることができ、為替レートの値動きを容易に的中させることができます。しかも、DMMFXの一分足のプレミアムチャートでは、ありとあらゆるテクニカル指標を瞬時に表示してくれるので、国内FX業者が提供しているチャートの中ではDMMのプレミアムチャートが一番使いやすいです。そして、DMMFXのプレミアムチャートでは、瞬時に他の分足のローソク足インジケーターを表示することができます。

個人的な意見をいうと、ローソク足インジケーターをずっと見ていると、FX取引中に冷静な判断ができなくなるので、FX取引中に常に冷静な判断をしたい人は、ローソク足インジケータを利用しない時間を作るようにしよう。何事もそうでうですが、あまり熱中しすぎると冷静な判断ができなくなります。

ローソク足インジケーター5分足。

f:id:akihiro5:20180926150858p:plain

上記は、ローソク足インジケーターの5分足を表示してくれるDMMFXのプレミアムチャートです。このDMMFXのプレミアムチャートのローソク足のインジケーターを利用すれば、一分足よりも長期のスパンでの投資家の心理を読み取ることができるので、5分単位での為替レートの値動きを予測することができます。しかも、DMMの5分足のポリンジャーバンドを利用したスキャルピング取引は、DMMの一分足のポリンジャーバンドを利用したFX取引よりも勝率が高かったりします。そして、DMMFXの5分足のプレミアムチャートに表示される移動平均線が交錯するところで生まれるゴールデンクロスとデッドクロス」のテクニカルを利用して、FX取引で多額の利益を出している人はたくさんいます

個人的な意見を言うと、超短期トレード目的なら1分足を利用して、スキャルピング取引を行うのがベストで、短期トレード目的なら5分足でスキャルピング取引を行うのが最適となっています。

ロウソク足インジケーター10分足。

f:id:akihiro5:20180926181507p:plain
上記は、ローソク足インジケーターの10分足を表示しているDMMFXのプレミアムチャートです。このDMMFXのプレミアムチャートのローソク足インジケーターを利用すれば、5分足よりも長期のスパンでの投資家の心理をローソク足から読み取ることができるので、10分単位で為替レートの値動きを予測することができます。しかも、10分足のチャートの8割以上がポリンジャーバンドの第二次維持線に収まるので、10分足のポリンジャーバンドを利用してスキャルピングをすれば、FX取引で利益を出すことはそんなに難しくありません。ただ、10分足は短期のスキャルピング取引を行うのには向いていますが、長期のスイングトレードには向いていないので、要注意です。

個人的な意見を言うと、一時間のスパンでスキャルピングを適度に行っていくなら、10分足のチャートで行うべきだし、一時間のスパンで頻繁にスキャルピングをガンガン行っていくしかありません。

ローソク足足インジケーター15分足。

f:id:akihiro5:20180926194037p:plain

上記は、ローソク足インジケーター15分足を表示しているDMMFXのプレミアムチャートです。このDMMプレミアムFXのプレミアムチャートのロウソク足インジケーターを利用すれば、15分単位での投資家の心理をローソク足から読み取ることができるので、15分単位での為替レートの値動きを予測することができます。しかも、10分足でのポリンジャーバンドの第三次維持線と定められている為替レート=15分足でのポリンジャーバンドの第二次維持線と定められている為替レートとなっています。ただ、15分足のポリンジャーバンドは値幅が広くなっているので、分単位のスキャルピングには適していません。

ローソク足インジケーター30分足。

f:id:akihiro5:20180927060506p:plain
上記は、ローソク足インジケーター30分足を表示しているDMMFXのプレミアムチャートです。このDMMFXのプレミアムチャートの30分足のローソク足インジケーターを利用すれば、30分単位での投資家の心理をローソク足から読み取ることができるので、30分単位で為替レートの値動きを予測することができます。しかも、15分足でのポリンジャーバンドの第3次維持線と定められている為替レート=30分足でのポリンジャーバンドの第二次維持線と定められている為替レートとなっています。そして、30分足のポリンジャーバンドは、30分単位での大まかな値動きを捉えることができるので、一時間辺り2回ほどポジションを取るのにぴったりなテクニカルです。

ローソク足インジケーター1時間足。

f:id:akihiro5:20180927061052p:plain
上記は、ローソク足インジケーター1時間足を表示しているDMMFXのプレミアムチャートです。このDMMFXのプレミアムチャートの1時間足のローソク足インジケーターを利用すれば、1時間単位で投資家の心理を知ることが事ができるので、1時間単位での為替レートの値動きを予測することができます。しかも、30分足でのポリンジャーバンドの第3次維持線と定められている為替レート=一時間足でのポリンジャーバンドの第二次維持線と定められている為替レートとなっています。そして、一時間足のポリンジャーバンドは、より広い値幅での買われすぎ売られすぎを判断することができるので、デイトレーダー向きのテクニカルとなっています。

ローソク足インジケーター4時間足

f:id:akihiro5:20180927063024p:plain
上記は、ローソク足インジケーター4時間足を表示しているDMMFXのプレミアムチャートです。このDMMFXのプレミアムチャートの4時間足のローソク足インジケーターを利用すれば、4時間単位での投資家の心理を知ることができるので、4時間単位での為替レートの値動きを簡単に的中させることができます。しかも、4時間足のポリンジャーバンドの第三次維持線での逆張りの勝率は9割ほどで、4時間足のポリンジャーバンドの第二次維持線での逆張りの勝率は8割ほどとなっています。そして、4時間足のポリンジャーバンドを利用すれば、かなり広い値幅で相場を捉えることができます。

ローソク足インジケーター8時間足。

f:id:akihiro5:20180927063322p:plain
上記は、ローソク足インジケーター8時間足を表示しているDMMFXのプレミアムチャートです。このDMMFXのプレミアムチャートの8時間足のインジケーターを利用すれば、8時間単位での投資家の心理を知ることができるので、8時間単位での為替レートの値動きを余裕で的中させることができます。しかも、4時間足のポリンジャーバンドの第三次維持線=8時間のポリンジャーバンドの第二次維持線となっているので、より広い値幅感覚でのFX取引を行うことができます。そして、8時間足のポリンジャーバンドは一週間単位のスイングトレードをするFXのトレーダーが利用するテクニカルとなっていますね。

ローソク足インジケーター日足。

f:id:akihiro5:20180927064953p:plain

上記は、ローソク足インジケーター日足を表示しているDMMFXのプレミアムチャートです。このDMMFXのプレミアムチャートの日足のインジケーターを利用すれば、一日単位での投資家心理を知ることができるので、一日単位での為替レートの値動きを簡単に的中させることができます。しかも、8時間足のポリンジャーバンドの第三次維持線=日足のポリンジャーバンドの第二次維持線となっているので、広い幅のレン時感覚をもつことができます。そして、日足のポリンジャーバンドは、三ヶ月単位のスイングトレードをするFXトレーダーが利用しているテクニカルとなっています。

ローソク足インジケーター週足。

f:id:akihiro5:20180927081220p:plain

上記は、ローソク足インジケーター週足を表示しているDMMFX のプレミアムチャートです。このDMMFXのプレミアムチャートの週足のインジケーターを利用すれば、一ヶ月単位での投資家心理を知ることができるので、一ヶ月単位での為替レートの値動きを容易に的中させることができます。しかも、週足のポリンジャーバンドの第三次維持線=週足の第二次維持線となっているので、広い値幅感覚を持って為替相場を見ることができます。そして、週足のポリンジャーバンドは、一年単位のスイングトレードをするFXトレーダーが利用するテクニカル指標となっている。

ローソク足インジケーター月足。

f:id:akihiro5:20180927084102p:plain
上記は、ローソク足インジケーター月足を表示しているDMMFXのプレミアムチャートです。このDMMFXのプレミアムチャートの月足のインジケーターを利用すれば、一ヶ月単位での投資家心理を知ることができるので、一年単位での為替レートの値動きを容易に当てることが可能だったりします。しかも、週足のポリンジャーバンドの第二次維持線=月足の第三次維持線となっているので、かなり大きな値幅感覚を持つことができます。そして、月足のポリンジャーバンドは、数年単位を視野に入れたスイングトレードをするFXトレーダーが利用するテクニカル指標となっていますね。

専業FXトレーダーが利用しているのFX口座とは?

第1位  【XEMarkets】

XMことXEMarketsは、最大レバレッジ888倍の取引が可能となっているので、レバレッジ10倍のFX取引に物足りなさを感じた人が利用しています。しかも、XMは、XM口座ボーナス3000円があるので、トレード資金0でもFX取引を開始することができます。そして、XMは、顧客の資金を守るために必要なシステムであるゼロカットシステムにも対応しています。

第2位   [ Big Boss ]

BIGBOSSは、最大レバレッジ555倍のFX取引が可能となっているので、レバレッジ400倍を超えるレバレッジを利用したFX取引を行いたい人が利用しています。しかも、BIGBOSSは、重要経済指標時にもスプレッドが開かないため、経済指標スキャルピングに向いています。そしてBIGBOSSはゼロカットシステムに対応済みです

第3位  【FxPro】

FXPROは、最大レバレッジ500倍に対応しているので、国内FX口座のレバレッジ25倍に物足りない気持ちを抱いているFXトレーダーが利用しているFX口座です。しかも、FXPROは、スプレッドが1.0PIPS~2.0PIPSと狭い基準となっているので、経済指標スキャルピングに向いている口座です。そして、FXPROは、その他海外FX口座同様、ゼロカットシステムに対応しています。